Wワークも可能?な看護師の夜勤バイト|看護師転職コラム

13705988_72A

昨今、アルバイトのお仕事を探す看護師さんの数は増加傾向にありますが、その中でも夜勤バイトは、単発バイトと並んで看護師さんからのニーズが非常に高いお仕事です。
このページでは、夜勤バイトの具体的なお仕事内容やその特徴、メリット・デメリット等を詳しく見ていきましょう。



→ 実際の夜勤専従の求人を確認したい方はこちら

夜勤バイトのお仕事内容

普通に正職員で働いている看護師さんには歓迎されない夜勤ですが、夜勤のアルバイトは、看護師さんに人気のお仕事のひとつです。

勤務先は、おもに病院(病棟・救急外来・ICU等)、有床のクリニック、あるいは有料老人ホーム、特別養護老人ホーム(特養)、介護老人保健施設(老健)などの介護施設が中心となります。
勤務先によっても異なりますが、夜勤バイトのお仕事は、日勤のお仕事と大きな違いはありません。おもにバイタル測定、経管栄養、吸引、配薬、点滴、注射といった患者さんへの処置、夜間の巡回(見回り)、ナースコール対応、看護記録の作成などが主となります。また介護施設だと、看護と介護の業務がきっちり分かれている場合もありますが、施設によっては、体が不自由な方の食事・トイレ等の介助、寝たきりの方の体位交換やおむつ交換なども、ヘルパーさんと同様に看護師が行なうケースもあります。

夜勤バイトは大変?それとも楽?

夜勤バイトのお仕事は、患者さんや施設利用者の方が寝ている時間帯を含む勤務となるため、日勤帯と比べて業務そのものの量は減りますが、そのかわりに看護師の数も少なくなります。そのため、その日の状況次第で、日勤のお仕事よりも多忙となることも珍しくありません。とくに急性期病棟やICUなどは、急変が重なったりすると、緊張とプレッシャーが重くのしかかり、心身ともにヘトヘトになります。ただ一方で、慢性期病棟、療養病棟、介護度の低い施設、あるいは寝当直のように、身体への負担が少ない、比較的楽な夜勤バイトも存在します。

就業先によって求められる経験・スキルも異なる

そういう意味では、夜勤のなかでも急性期病棟やICUでお仕事をする際は、状況判断や技術が求められる場面もあるので、バイトで働く看護師であっても、それなりの経験、スキル、知識、慣れが必要なお仕事といえます。そういう意味で即戦力としての働きが求められるので、スキルアップを目的として、急性期やICUの夜勤バイトのお仕事をするのは、あまりお勧めできません。
一方、病院や施設側としても、ある程度慣れている看護師に定期的に勤務してもらうことが望ましいため、1日のみの単発というお仕事の依頼は少なく、3か月や6か月といった一定期間、最低月4~8回程度の勤務を求められる場合が多くなります。

夜勤バイトはほとんどが2交替勤務

夜勤バイトの勤務時間は、当然ながら3交替と2交替で大きく異なります。
3交替は準夜勤と深夜勤があり、準夜勤が16:00~25:00(休憩60分)、深夜勤が24:00~9:00(休憩60分)が一般的で、実働8時間勤務が基本です。
一方、2交替夜勤の勤務時間は、16:00~翌9:00(休憩120分)と、3交替より勤務時間が長くなります(2交替夜勤の場合は、必ず仮眠休憩があります)。
ただし、夜勤バイトの募集は、その多くが2交替勤務であり、3交替の募集はほどんどありません。

看護師の夜勤バイトは給与が高い

夜勤バイトに人気が集中する最大の理由は給与が高いことです。1回に得られるお給与が高く、日勤帯のバイトが、日給14000円~16000円なのに対して、夜勤のお仕事の場合、日給30000円~35000円と2倍以上の給与が得られます。
一般的な傾向として、忙しい勤務先ほどお給与は高く、一例としては、たとえば患者さんとゆっくり関われる療養型(慢性期)の病棟や介護施設よりも、急性期病棟やICUのほうが相対的に給与は高くなります。また病床数、看護体制、患者さんの重症度等によっても、看護師さんの負担が大きく変わってきます。同じ夜勤のお仕事でも、お給与に差があるのはそのためです。

夜勤バイトの給与が高い理由

それでは、なぜ日勤のお仕事と比べてお給与が高いのか?
理由はいくつかあります。

まず一つ目の理由は、単純に働く時間が長いこと。病院や施設によっても勤務時間は異なりますが、たとえば2交替勤務で働く場合、日勤/8:30~17:30(休憩60分・実働8時間)、夜勤(深夜勤)/16:30~9:00(休憩120分・実働14時間30分)というように、夜勤のお仕事は、日勤勤務のバイトに比べて実働時間がかなり長いので、必然的にお給与の額も高くなります。
厚生労働省は、法定労働時間を1日8時間・週40時間と定めており、それを超える時間外労働が発生した場合、通常賃金の25%割増での給与支払いを労働基準法で定めています。深夜勤のバイトであれば、労働時間は8時間を大幅に超えるため、割増分だけお給与も高くなります。

理由の2つ目は、深夜労働手当です。労働基準法では、午後10:00(22:00)~午前5:00の間で労働する場合においては、通常賃金の25%増しで給与を支払うことを法律で定めています。夜勤バイトは、ほぼ深夜帯(22時~5時)での勤務が必ず発生するため、同じ時間働いたとしても、日勤帯のお仕事よりもお給与も高くなります。
さらに8時間を超える労働が、深夜帯(22時~5時)と重なる場合は、時間外手当25%に深夜労働手当の25%が加算され、通常賃金の50%(1.5倍)割増となります。上記のケースでいえば、時給2000円の場合であれば、単純に1.5倍で計算すると時給3000円まで跳ね上がります。

看護師の夜勤バイトのメリット

夜勤バイトの看護師さんは、メインのお仕事の休日を利用してWワークで働いている方が多いので、空いた時間を有効活用できて、かつ少ない日数で効率よく稼げる夜勤のお仕事は看護師さんからのニーズが高くなっています。
日勤バイトの場合、どうしても月4回程度の勤務だとご依頼数がかなり限られますが、夜勤バイトなら、月4回から働けるお仕事のご依頼がそれなりに多いので、少ない回数で効率よく稼ぎたい看護師さんにとっては非常に好都合です。
しかもメインの勤務先のシフトが確定した後で、勤務希望日を出せるので、Wワークでの勤務に適していると言えます(ただし、前の月の20日頃までに希望日の提出を求められるケースが多くなります)。
また先に触れたように、夜勤の場合、寝当直のような負担の軽い楽なお仕事もあるので、あまり身体的負担をかけずにWワークで働きたいという看護師さんのニーズに上手くマッチしており、この辺も夜勤バイトが人気の理由のひとつです。
また日給35000円の夜勤バイトなら、月10回の勤務で合計350000円の収入となるため、短期間でたくさん稼ぎたいという方にも利点の大きな働き方といえます。

看護師の夜勤バイトのデメリット

一方、夜勤バイトのデメリットとしては、月数回の勤務であるがゆえに、患者さんの状態の把握が難しいことです。通常常勤で働いている看護師さんであれば、ある程度、個々の患者さんの症状や情報、処置内容は頭に入っていますが、勤務日数の少ないアルバイトの場合は、どうしても申し送り内容やカルテ等を頼りに仕事をする必要が出てきます。
しかしながら、アルバイトであっても、仕事に対する責任・負荷は常勤で勤務する看護師さんとほとんど変わらないことも珍しくなく、そんな中でも迅速な対応や、状況判断を求めらる場面も出てくるため、やはり日勤のお仕事に比べると、身体的にも精神的にも看護師さんの荷は重くなります。

勤務先にもよりますが、病棟での夜勤勤務の経験が豊富な看護師さんであっても難しい部分があるため、そうした事情を踏まえ、慣らし日勤の勤務からスタートすることで、アルバイトで働く看護師さんがある程度慣れるまでの間のリスクを軽減したり、負担が少なくなるよう配慮している病院や施設も多々あります。

また、先に触れたように、病院や施設によっては、お給与が高い分、長時間かつお仕事内容もハードであるため、経験の浅い方、ブランクの長い方、夜勤経験のない方などは、避けた方が無難といえます。

夜勤バイトで働く看護師さんの体験談

現在バイトで勤務中の看護師さん2名に、夜勤希望の理由や、実際に働いてみた感想をお伺いしました。

有料老人ホームでの夜勤アルバイト体験談

私は常勤看護師として病院で働いていたのですが、結構毎月のお休みが多いので、休日の空いた時間をうまく活用して、アルバイトでお小遣い稼ぎをしようと思いスーパーナースに登録しました。できるだけ少ない日数でたくさんお金を稼ぎたいと思っていたので、自宅から通勤30分圏内で夜勤バイトを探していただき、希望に近いお仕事を2つほど紹介してもらいました。

ひとつは総合病院・急性期病棟の夜勤で、現在の勤務先の業務と仕事内容が近く、給与も高いのが魅力でしたが、その分やはり仕事内容はハード。もうひとつは有料老人ホームの夜勤で、お給与はもう一つ病院のお仕事に比べると日給で4000円以上低かったのですが、住んでいるマンションからもかなり近く、お仕事内容も医療処置というよりは、健康管理/見守り看護が中心で、急性期の病棟に比べると、患者さんの状態も落ち着いており、業務的には負担の少ないお仕事でした。
正直かなり迷いましたが、初めてのWワークということもあり、メインの勤務先への影響も考慮して、有料老人ホームのお仕事に決めました。

私の場合、それまで病院勤務のみ、かつ病棟での経験しかなかったので、もちろん有料老人ホームで働くのは初めて。最初は不安や戸惑いもありましたが、医療行為は少ないためお仕事自体にはすぐに慣れることができました。一方病棟勤務の経験しかなかった私にとって、介護施設でのバイトは、落ち着いてゆっくり看護ができること自体がとても新鮮で、かつ病院とはまた違ったやりがいもあり、将来的な選択肢の幅を拡げる良い機会になったと思います。もちろん自分の両親の介護をする可能性を考えると、アルバイトではありますが、貴重な経験になっています。

現在の勤め先と並行して、週1回のペースで夜勤バイトに入っているので、最初は身体的に多少きついと感じることもありましたが、徐々に身体も慣れて、今では月に一度振り込まれるお給与を励みに頑張る毎日です。振込後の通帳を見ると溜まった疲れも一気に吹き飛びます。



→ 有料老人ホームの夜勤専従バイトのお仕事はこちら

病棟での夜勤アルバイト体験談

資格を取得するための学校に通うため、6年間常勤で勤めた病院を退職しましたが、当然その間の生活費は稼がなければならないため、少ない勤務日数でできるだけ高い給与を稼げる夜勤専従のバイトのお仕事をすることにしました。自分でもいろいろインターネットで病院のホームページなどをみて探してみたのですが、希望条件に合う夜勤バイトを効率よく探すことがなかなかできず途方に暮れていたとき、友人から紹介されてスーパーナースに登録しました。

登録時に伝えた私の希望は、勤務エリアが23区内、月8回勤務、1年間の期間限定、手取22万円以上。夜勤の仕事はこれまで勤めていた病院で経験があったので、介護施設ではなく、慣れている病院での夜勤バイトで探していただきました。
いくつか紹介していただいた条件を満たすお仕事の中から、一番給与の高かった急性期病棟の夜勤のお仕事を選び、すぐに勤務を開始しました。

これまでは常勤で2交替・4週8休でお仕事をしていたのですが、それに比べると体力的にも楽で、資格取得の勉強との両立も問題なくこなすことができています。もちろん以前よりも給与は下がりましたが、自分の都合を優先しながらお仕事ができているので、とても満足しています。

バイトで働くこと自体が、今回が初めてだったこともあり最初は緊張しましたが、これまでの病棟勤務の経験がそのまま活かせるお仕事なので、すぐに慣れました。当然バイト勤務だからといって、仕事が楽ということは一切なく、常勤で働く看護師と同等の責任も生じますが、1年間ブランクができてしまうことに対する不安もあったので、バイト勤務でも常勤看護師と同じように働ける急性期病棟を選んだのはかえって正解だったと思っています。
これまでは忙しさに追われて、日々の仕事を振り返る暇もなく走り続けてきましたが、バイトに切り替えて勤務回数が減ったとことで、あらためて看護師という仕事を見つめ直す良い機会になっています。



→ 病棟の夜勤専従バイトのお仕事はこちら

ICU(Intensive Care Unit/集中治療室)の夜勤バイト

ICU(集中治療室)の夜勤バイトは、重度の疾患をもつ患者さん、大きな外傷を負った患者さん、術後の予断を許さない患者さんなど、生命の危機に瀕する患者さんに対し、集中的な容体観察と治療を行なう看護(クリティカルケア)を行うお仕事であり、その性質上、精神的にも身体的にもかなりハードです。

ICUの夜勤バイトの募集はほとんどが経験者のみ

一般病棟であれば、科ごとに分かれていますが、ICUにはいろいろな科の疾患を持つ患者さんが運ばれてくる上、重篤な患者さんが多いため、病棟や介護施設の夜勤と比べても、不測の事態や急変の頻度は高く、その場の状況に応じた冷静な判断力、的確な処置を行うための幅広い知識とスキルが看護師にも求められます。

またその場の生命を左右する現場ということもあって、患者さんによっては高度な医療機器が使用される機会も多いため、看護師もその名称や機能、扱い方もしっかり覚えておくことが不可欠です。

その上、症状の重い患者さんが多いことで、ひとつの誤った処置や判断ミスが患者さんの死に直結してしまうケースもあるため、その責任や重圧、緊張感は計り知れず、そうしたプレッシャーに負けない強い精神力が必要とされます

こうした事情から、ICUの夜勤バイトは、ICUでの勤務経験のある看護師を募集するケースがほとんどで、未経験者を受け入れている勤務先はほとんどありません。普通の夜勤に比べると、良くも悪くも患者さんの生死に大きくかかわる現場であることから、ある意味当然と言えます。

その後のキャリアの幅を広げてくれるICU夜勤バイト

ICUの夜勤バイトで働く看護師には、診療科の枠を超えた幅広い知識、あらゆる疾患に対応できる高い技術、スピーディーに適切な処置を行うための冷静な判断力、生命を預かる責任・プレッシャー・ストレスに負けない強い精神力など、いろいろなスキルが求められます。そのため仕事はきつくハードな一方で、実際に勤務すると、短期間で驚くほど多くのスキルと自信が身に付きます。
人はいろいろな知識が頭に入っていたとしても、緊張状態にあると正しい判断ができなかったり、極度の焦りから通常の精神状態なら考えられないミスをしてしまいます。いざ緊迫した状況に遭遇した際、パニックにならずに冷静かつ適切な処置を行なうためには、現場で経験を重ねることが重要であり、急変時対応の習得において、ICUに勝るお仕事はありません。ハードなICUでのアルバイト経験は、その後のキャリアの幅を必ず拡げてくれるはずです。

また集中治療室には、24時間体制で全身管理が必要な患者さんや、いつ状態が急変するかわからない不安定な患者さんが多く、看護師はつねに緊張・重圧と隣り合わせで仕事をしています。またそういった状態が長時間に及ぶICUのお仕事は、気の休まる時間はありません。
しかしながら、そんな厳しい現場だからこそ、瀕死の状態だった患者さんが元気に退院する姿や、生死の境をさまよっていた患者さんが回復していく姿を目の当たりにしたときに得られる喜び・達成感は、ICUで働く看護師にとって何物にも代えがたい大きなやりがいとなります。



→ ICUの夜勤専従バイトのお仕事はこちら

救急外来の夜勤バイト

救急外来の夜勤バイトは、病院が営業していない夜間帯に緊急搬送される患者さんに24時間体制で対応し、処置を行なうお仕事です。おもな患者さんは、突然夜中に身体の具合が悪くなった方や、交通事故などで怪我を負った方などで、救急車で運ばれてくる患者さんが多く、その症状や重症度もさまざまです。
救急外来の夜勤バイトでは、看護師は搬送されてきた患者さんのバイタルを測定し、意識・血圧・脈拍・体温などを細かくチェックして状態・重症度を把握します。脈拍が不安定だったり、血圧や体温が低下していたり、意識が朦朧としている場合はすぐに処置が必要です。場合によっては緊急を要することもあるため、看護師は処置に必要な薬品や機材の用意し、レントゲン、エコー、心電図など、必要な検査がある場合も先回りして素早く準備します。

また付添いのご家族や友人がいる場合は、事故が起きたときの状況や、容態が悪化する前後の様子、過去の病歴(既往歴)や現在の健康状態など、処置に必要な細かい情報を収集します。同時に気が動転しパニックになっているご家族への状況説明やフォローも行ない、少しでも不安を取り除き、落ち着かせるのも救急外来の看護師の仕事です。処置の結果、入院が必要な場合は、その手続きも看護師が行います。

高いスキルが求められる救急外来

当然ながら、運ばれてくる患者さんの症状や重篤度は、その時々で違うため、救急外来で働く看護師には、あらゆる処置に対応できる技術と技術、患者さんの状態をスピーディーかつ的確に見極める判断力、一刻を争う状況の中で冷静に落ち着いて対応できるメンタルなど、高い水準でありながら幅広いスキルが求められます。

そのため救急外来のバイト、とくに夜勤のお仕事の場合、救外の経験者に限定して募集する病院がほとんどで、未経験でもOKという勤務先はほとんどありません。

搬送が少なく落ち着いている日は、時間にも余裕があるため、物品の点検・補充を行ったり、合間に専門書を読んで勉強ができる勤務先もあります。しかしながら立て続けに緊急搬送があると、息つく暇もなく対応に追われます。重篤な患者さんが多いゆえ、精神的にも、身体的にもタフさが不可欠です。また一分一秒を争うような状況においては、ひとつの判断が患者さんの生命を左右する場面もあるため、その責任の重さがプレッシャーとなることもあります。

仕事が大変な分やりがいも大きい

しかし大きな重圧の中で仕事をすることは、それ自体が貴重な経験であり、その分患者さんの生命を救っているという実感が得られるお仕事であることの裏返しでもあります。
一般病棟や介護施設の夜勤に比べ、仕事内容のハードルは高く大変な分、得られるスキルや知識も多く、かつそれらが短期間で身に付くため、看護師としての大きな自信にもつながります。
また重篤な患者さんが多いため、状態が回復したときの達成感、患者さんやご家族からの感謝の言葉は、救急外来で働く看護師にとって、大きなやりがいとなります。



→ 救急外来の夜勤専従バイトのお仕事はこちら

夜勤バイトのお仕事リンク

→ 「夜勤専従」の看護師バイトの求人を見に行く

スーパーナース  無料  転職サポートのお申込みはこちら!
入力が面倒という方はまずお電話!0120-784-450