在宅看護サービス・トップ サービスの特徴 他サービスとの比較 サービスの流れ・内容 ご利用例のご紹介 よくあるご質問
在宅看護サービス>よくあるご質問
在宅看護サービス 快適で安心できる在宅療養 スーパーナースの在宅看護サービスがお応えします。

よくあるご質問

お客様からお問い合わせいただく、よくあるご質問をまとめました。

病院など医療機関のみなさま向け Q&A
Q

相談するタイミングは?

A

退院や外泊が決まってからでも結構ですが、計画段階でご相談いただければ、より幅広いご提案が可能です。どんなサポートができるのか、一度ご相談ください。

Q

サービス利用までのプロセスは?

A

ご相談いただいた時点で、どのようなサポートが可能かご提案し、お見積りいたします。ご利用が決定したら事前にお伺いして、より詳細なプランをご家族とも相談しながら決めていきます。スケジュールなどは病棟などとも綿密な連絡をとって決定していきます。

Q

サービスを利用する際に準備するものは?

A

サービス提供前に主治医からの看護指示書を文書でいただきます。物品などは事前のプランニング時に判断し、病棟、主治医、訪問看護ステーションなどと連携をとり、準備を進めます。

Q

病棟でのサービス提供は可能ですか?

A

病棟からの許可をいただくことが必要です。責任区分などケースバイケースで対応させていただいておりますので、一度ご相談ください。

Q

ケアマネを紹介したり、介護プランを立てることは可能ですか?

A

スーパーナースは自由診療のみのサービスですので、介護保険に関わる介護プラン作成は承っておりません。ケアマネの選定もご家族にお願いしております。

Q

医療保険や介護保険のサービスと併用できますか?

A

併用できます。ほとんどのお客様が医療保険や介護保険サービスとスーパーナースの看護サービスを併用されています。在宅医やケアマネージャー、もちろん他の事業者との連携も十分にとらせていただきますのでご安心ください。

在宅医、ケアマネなど在宅関係者のみなさま向け Q&A
Q

相談すると料金がかかるのですか?

A

いいえ、かかりません。電話でのご相談はもちろん、ご家族への説明やお見積もりの提示など、訪問させていただいても一切の料金はいただきません。ご利用方法も相談しながら提案させていただきますので、お気軽にお問合せください。

Q

他の事業者との連携は?

A

関係者同士の顔合わせ(カンファレンス等)から参加させていただきます。サービス開始後は、申し送りノートなども活用して、ご家族も含めて密に連携をとってまいります。事業者間のカンファレンスに参加させていただくケースもあります。

Q

夜間だけの依頼も可能ですか?

A

可能です。防犯上の危険性がなければ遅い時間にお伺いすることも可能です。基本的に公共の交通機関が動いている時間帯をお願いしております。

Q

看護師さんの食事や休憩場所はどうするのですか?

A

飲食物は持ち込みますので、一切のご心配は必要ありません。夜間でも、座って休憩できるスペースがあれば十分です。

個人のお客様へ向け Q&A
Q

どんな利用方法がありますか?

A

これから在宅での療養が始まる、あるいは既に療養中で介護力が不足しているという場合、不足している曜日や時間帯に合わせてケアサービスを提供します。あるいは介護力は足りているけれど、看護師が介入することでケアの質を上げたい、より安心したいという場合、定期的なケアサービス提供で経過観察を行うこともあります。
在宅開始直後の環境整備を目的とした介入やターミナル期の看取りを含めた集中的な介入、さらに旅行付き添いなどの単発的な利用方法もあります。

Q

どんなケアが可能ですか?

A

病棟での臨床経験のある看護師ですから、病院と同じようなケアが可能です。医療行為以外にもオムツ交換や清拭といった身辺ケアも行います。ご家族が安心してケアから解放される時間を提供します。

Q

どんな看護師さんが来てくれるのですか?

A

病棟での臨床経験が3年〜5年以上で、スーパーナースが事前に面接し、在宅看護の教育を行った看護師です。留守宅を預かる場合もあるため、人選には十分に注意を払っております。

Q

看護師さんの住み込みも可能ですか?

A

弊社では訪問の形態をとらせていただいています。看護師が24時間常駐することをお望みの場合は、1日2交代〜3交代で切れ目無く看護師を配置します。看守り中心のケアであっても、勤務中の看護師は緊張の連続です。交代制をとることで、看護師の疲労を軽減し、ミスや事故を防止する狙いもあります。




このページのトップへ