在宅看護サービス・トップ サービスの特徴 他サービスとの比較 サービスの流れ・内容 ご利用例のご紹介 よくあるご質問
在宅看護サービス>ご利用例のご紹介
在宅看護サービス 快適で安心できる在宅療養 スーパーナースの在宅看護サービスがお応えします。

ご利用例のご紹介

スーパーナースの在宅看護サービスは、お客様のさまざまなニーズにお応えします。
実際にご利用いただいたケースの一部をご紹介いたします。

ケース1 在宅移行サポート・長期療養中の看護

これから在宅療養を始める方、あるいはすでに在宅療養をされている方。療養環境の整備から、安心できる看護力の提供まで、スーパーナースがサポートします。

<83歳・女性・Aさん>の場合

もともと在宅で療養をされていたAさんは、脳梗塞による2度目の入院の後、介護保険サービスと家族だけでは在宅への復帰が難しい状況でした。お家が大好きだったご本人の意思を尊重し、在宅療養実現に向けスーパーナースの在宅看護サービス利用を決めました。夜間中心のご利用により、ご家族がぐっすりお休みになれるようになりました。介護保険サービスも活用しながら、念願の自宅での長期療養が実現できました。

ケース2 ターミナルケア・在宅ホスピス

「自宅で最期を迎えたい」、「自宅で看取りたい」という想いに応えます。ご家族の不安が大きいときも、スーパーナースなら長時間のサポートが可能なので、ターミナルケアも不安なく実現します。

<87歳・男性・Bさん>の場合

末期の肺がんと診断されたBさんは、積極的な治療は行わず、自宅での緩和ケアを強く希望されました。主治医の指示のもと、スーパーナースの在宅看護サービスを毎日24時間ご利用されました。
ほとんど痛みも無く穏やかな時間を過ごされ、最期は同居の長男ご夫妻とお孫さんなど、みなさんが見守る中で静かに旅立たれました。
「希望通り、最期の時を自宅で過ごすことができ、本人も喜んでいました。いつも看護師さんがそばにいたので、家族も不安なく充実した時間をもつことができました。」後日、長男ご夫妻から感謝の言葉をいただきました。

ケース3 病院・施設などからの一時帰宅、外泊

年末年始やお盆のときだけ帰宅したい。ターミナル期の思い出に自宅で過ごしたい。
あるいは在宅へ移行する前に試験外泊を試みたいなど、短期間だけれども家族だけでは不安なときに、スーパーナースの看護師がご一緒します。

<46歳・女性・Cさん>の場合

脳腫瘍で東京の病院に入院されていたCさんは離島の出身。12年前に発病してから故郷には帰っていません。何とかもう一度故郷の地を踏ませてあげたいと、在京のご家族から相談を受けました。
そこで、3泊4日の帰郷中、2名の看護師による交代制を採り24時間付き添うことにしました。飛行機を使っての帰郷となるため、航空会社とのやりとり、空港での現地確認など万全の準備を整えて臨みました。容態の急変も無く、無事帰郷でき、郷里のご両親にも大変喜ばれました。

ケース4 在宅療養環境整備

在宅療養を始めるための環境整備はご家族にとっても負担の大きいものです。在院日数が短くなっているため退院指導も十分ではありません。そんなとき、在宅へ移行した初期にスーパーナースが集中的にサポートし、技術指導も行います。

<77歳・男性・Dさん>の場合

もともと在宅で療養をされていたDさんは、誤嚥性肺炎で入院した際に気管切開を行いました。吸引器や輸液ポンプなど新しい医療機器の管理が増え、高齢のご家族では退院までに習熟は難しい状況でした。
そこで退院後の2週間、毎日スーパーナースの看護師が入り、ケアと同時にご家族への技術指導も行いました。とくに帰宅後の2日間は夜間も含めて緊急時に備えました。やがて療養環境も整い、退院直後には不安ばかりを口にされていたご家族もすっかり自信を付けられたご様子。その後は訪問看護ステーションと週2回のスーパーナースのサービスにより安定した療養生活を送られています。

ケース5 在宅療養コンサルティング

介護保険サービスは、はじめて利用するご家族にとってはわからないことばかり。ご本人にとってよいケアプランであっても、在宅療養の成否はご家族との相性も大きいものです。そんなとき、スーパーナースがセカンドオピニオンとしてコンサルティングいたします。必要に応じて自由診療も組み合わせた、ご家族にとっても負担の少ない療養環境構築をお手伝いいたします。数多くの在宅療養ケースを経験してきたスーパーナースにご相談ください。

在宅療養に関するコンサルティングは別途の料金体系となります。お問い合わせください。




このページのトップへ