Vol.0029 ナースの欲求不満!  [2014/05/01更新]

あっという間に4月が終わり
5月です!

本当に…
なんだかいつも、時があっという間に過ぎてしまうと
嘆いているような気がします。

気づけば、知らぬうちに気温が上昇し
GWの天気予報をみると
予想最高気温が25度という数字が並んでいました。

ああ、暑い日々がやってくる…

夜勤入りだから寝たいのに
遮光カーテンの隙間から漏れる
激しい光。

夜勤入りの為に仕事に向かう時間、
それはカンカン照りの日差しと猛烈な暑さ

一晩中働いて、精も根も尽き果てた状態で
再びカンカン照りの日差しと猛烈な暑さの中、帰宅。

このまま
とろけてしまいたい…

決して恋愛メロドラマではありません。
恋愛において、とろけたい、とろけそうなんて
一度も思ったことはないけど
夜勤明けなら何度もそう思ったことがあります。

あと、よく思っていたのが、病院から自宅までの間
温泉のウォータースライダーで全身を洗ってもらいながら
ご飯を食べさせてもらって 服を着せてもらって
ゴールは、自宅のベッドの上。

誰かしてくれないかなあ。

と真剣にいつも思っていました。
眠いし、でもお風呂に入りたいし、お腹は空いたし、
でもやっぱり眠いし!

様々な欲求不足に究極に追い込まれると
人間、できもしない夢物語を夢見てしまうものです。

さて、そんな欲求の話で、人として最低限の欲求のお話をひとつ。

先日、新人時代の同期で集まった時に
水分摂取についての話になりました。

水分摂取…

患者さんのことと思われた方もいるかもしれませんが、

いいえ!

私たちのことです!!

新人の頃って、基本、電話もナースコールも一番に出て、
色々走り回るのですが、要領が悪いから無駄な動線が多い。
緊張から、変な汗は常に出ているし、緊張で口は常に乾燥。

激しく口渇です。

だけど、お茶を飲みたいなんてとても言えないし、
そんな時間もないし、
でも喉はカラカラ…。

で、結局。

手を洗うフリをして、口をゆすぐフリをして

水道水をガブ飲み!!!!

部活後の中学生もびっくりの勢いです。

当時はそんな自分の行動をお互い黙っていましたが、
10年の時を経て、突然話題になり暴露。

すると、その場にいた4人全員が
同じように水道水を飲んでいたと言い出し、
その場にいなかった他の同期もそうしていたとのこと。

異業種の方で、この行為を汚いと思った方。
ペットボトルやサーバーで水分摂取なんて

そんなことできないんですよ!

時間もないし、何よりそんなこと言える雰囲気じゃないんです。
だから今、デスクに座ってお茶を飲んでる自分が
すごく贅沢な気分です。

当時の自分に言ってあげたい。

今は水道水を手ですくって飲んでるけど、
未来の貴女は、デスクに座ってお茶が出来ているのよ!って。

でも、今でこそ、そんな自分を哀れに思うけど、
あの頃は、そんなお水でもじゅうぶん幸せを感じていました。
冷たくって、好きなだけガブ飲みできて、
水が飲めたときはそれはそれで、最高でした。

これって、夜勤明けの最高に眠い時に布団に入る時の感じと同じかな。
あと、トイレに行きたくって仕方ないのに行けなくて、
患者さんのトイレ介助しながら
「ああああ、私の分もして欲しい」
なんて、できもしないことを本気で願ったりしながら、
やっと自分自身がトイレに行けたときとかとも同じ。

看護師の仕事って、人間としての当たり前の欲求が
すぐに叶わない時があります。
それが、我慢して我慢して実行された時、

ああ、もう最高!!

って思っちゃいます。
大袈裟に思われるかもしれませんが

今、死ねたら最高!

と思う時もあります。
その変わり、それを我慢している時に
もし死んじゃったりしたら、
死んでも死にきれないかもしれません。

お~み~ず~
ト~イ~レ~

と夜な夜な徘徊してしまいそうです。

病院などの非日常生活の環境下でも
人が人らしく生活できるために
看護師はお手伝いをするわけですが
その

人が人らしく

というくだりは、まさに日々自分たちがその必要性を
実体験しています。

喉が渇いたのに 水が飲めない
お腹が空いたのに ご飯が食べられない
眠たいのに 眠ることができない
トイレに行きたいのに トイレに行けない

人間として最低限のことができない

常に人としての最低限の欲求と戦っています。

「欲求不満」

なんてちょっぴりピンクちっくな題名に
期待をしてらした方には申し訳ありませんが、
看護師さんはこんなかんじで
ご想像された欲求どころか
人としての最低限の欲求すら
満たされないことが多々あります。

でも同時に、ただ寝ること、食べること、
排泄することのありがたさ
生きることの素晴らしさを
身を持って体験するので
その当たり前のことが、病気によって制限されたり、
自分で行うことができない患者さんの気持ちに
普通に生活していらっしゃる方よりは
近づいて考えることができるのではないでしょうか。

そんな看護師さんにとって、GWは所詮、他人事。

仕事は連休なんて関係なくやって来るし、
欲求不満はいつまでたっても
貯まるばかり。
だけど、せっかく気持ちが良いこの季節
もし、一日でもお休みがあるのなら
欲求不満解消のためにも
野外でのんびりしてみるのも良いですね♪

マツコ