Vol.0067 「看護師=医者が好き♪」という誤解。 [2015/02/12更新]

 

「マツコさん、”看護師さんだから”
こういうの好きでしょ?」

と、唐突に営業さんから
ガチャガチャのおもちゃを貰いました。

開けてみると…

幼虫に足が8本ついたような透明の本体に
うっすらオレンジの脳らしきものと
緑色の内臓が見える
生き物のフィギアが出てきました。

中には説明書が付いていて

「微生物」

と書かれています。
私が、困惑した顔でいると

「えっ?好きでしょ、こういうの。
しかも、シークレット!レアなんだよ!」

-レアって…。

説明書を見ると、
確かに私が頂いたシークレット以外は
ミドリムシやミジンコ、ミカヅキモなど
教科書などで見たことがある微生物が並んでいました。

そういう意味では、頂いたシークレットフィギアは
見たことも聞いたこともありません。
その名も

“クマムシ”

今流行の芸人さんじゃございません。
あったかくもないです。

ただ、少し調べてみると
すごくタフな生き物で、
地球上最強の生物とも呼ばれているらしいです。

体長は、微生物らしく0.05~1.7㎜。
とても小柄で、名前の通り、クマのようないでたちで
ゆっくり歩く「緩歩動物」だそう。

しかし、なんと!

通常体重の85%を占める水分が0.05%まで減ってしまうような、
極度の乾燥状態に耐えることが出来る。

かつ、
摂氏150度の高温から絶対零度(-272℃)まで耐え抜く!
(数分間は生きていられるそうな…)

かつ、
真空状態でも、クリプトビオシス
(タル状態、つまり仮死状態になること)により生きていられる。

かつ、
人間の致死量約500レントゲンのX線を浴びても死なない。
“タル状態”のクマムシにいたっては、
その約100倍の570000(57万)レントゲンまで耐えることが出来る。

宇宙空間に直接さらした実験でも生きていられたとか、
水がない乾燥状態から、120年後に蘇った記録があるとか…

すごいな。最強じゃないの。

って、感心してる場合じゃない(笑)

「看護師=微生物が好き」ってわけじゃないです。

と、
クマムシをプレゼントしてくださった方に、
反論をしました。

確かに、
微生物学は看護学校で勉強しますよ。

だけど…

培養実験をした以外、
全く記憶に残っていません。

あとは、講師の医学部の先生が
とっても個性的だったことぐらい(笑)

先生には若干興味を持ちましたが、
残念ながら微生物学には興味が持てませんでした…。

今回の
「看護師=微生物好き」

というのは、
かなりレアな勘違いケースですが、

看護師はよく、勝手なイメージを持たれます。

・看護師=血が大丈夫

・看護師=手術介助ができる

・看護師=お医者さんと結婚

などなど…

まずマツコは、上記の3点どれも該当しません。

ちなみに、
最後の
「旦那さんがお医者さん」はよく言われます。

ナイ!ナイ!ナイ!ナイ!

そもそも
看護師=医者狙い、というのが迷信。
「セレブ狙いの看護師」なんて、ドラマだけの妄想ですよね。
(そんな思いだけで務まる仕事じゃありませんから!)

…と、言ってみたものの、
実は「たった一度だけ」、
お医者さんからデートに誘われたことがあります。

その先生は、
とてつもない変わり者でした。

街でナンパすらされたことがないマツコですが、
ナゼかその先生からは好かれていたらしく、
看護学生の時から声をかけられていて、
新人で配属された病棟でも、たまたま一緒でした。

学生の時は…
実習で病棟にいると
マツコの前を通り過ぎた先生が戻ってきて、

顔をジッと見つめられ
「どこかで会ったことあるよね」
とひと言。

-いえ、お会いしたことありません。

また、配属されてしばらくたった頃…

カルテに記録を書いているマツコのテーブルの上に
腰掛け、足を組み、
やはり顔をジッと見つめられ

「君の瞳に吸い込まれそうだ」

と真剣な顔で言われ…。

-あの、キモイです。

そのキザすぎる言動に、
普段から「変わり者」の称号を
授けられていた先生でした。

が、ある時、

(何を血迷ったのか)私マツコ、
その先生と出掛けることになってしまったのです。
…超有名テーマパークに、2人で!!

しかし、
着いて10分で大後悔…。

いちいち、
マツコの前で一回転してポーズを決め、

「どこから行こうか?」

順番待ちをしている間も壁に片手をつき

「こうしている時間もイイネ」

と謎のウインク、
今流行の壁ドン!

とにかく一日中、背筋が寒さで震え続け、
二度とその先生と出掛けることはありませんでした。

がっっ!

なかなか良い人に巡り合えず、
三十路手前で彷徨っていたマツコに
うちの親はひたすら

「あの先生にもらってもらったら良かったのに!」

と言っておりました…。

-ナイから

さて、とはいえやはりこの季節、
寒いですよね…。

先週は、あったかぬくぬくの眠り方をお勧めしましたが、
やはり寝る前に家に帰って一番にすることは
お腹を満たすこと。

腹が減っては、戦はできませんから!

日勤で遅くなった寒い夜、
まずお腹を温めましょう。

鍋です!

世の中色んな“時短メニュー”が溢れていますが、
鍋は究極の時短メニューです!

しかも、栄養満点☆
肉や野菜はもちろん、
シメに麺類を入れれば炭水化物も摂れます!

しかも基本、切って鍋に突っ込むだけ!
帰って、15分程度であったか
栄養満点な食事を摂ることができます。

ちなみに、マツコは、
「季節を問わず」鍋をしていました。

ええ、真夏でも、
クーラーをガンガンかけながら。

冷たい缶ビールを片手に、
熱々のお鍋を食べていました。

1人暮らしだからこそできる
誰にも、文句を言われることもない
究極に贅沢な時間です♪

しかも、ポン酢だと夏バテ気味でも
スルスルっと食べることができるんですよね~。

鍋、最高!

クマムシが地球上最強の生物と呼ばれるなら
鍋は、最強の食べ物です。

まだまだ寒さど真ん中のこの季節、
温かい物をしっかり食べて栄養を蓄え、

クマムシのように
色鮮やかな春に向って
ゆっくり着実に歩み進めていきましょっ!

あったかいんだからぁ~♪
↑結局これが言いたかった(笑)

マツコ