Vol.0073 国試合格発表! [2015/04/01更新]

桜の開花をあちらこちらから
聞くようになりました今日この頃、
皆さまいかがお過ごしですか?

先日、保健師・助産師・看護師国家試験の合格発表があり
今年も沢山のナースの卵が誕生しました。

内訳は…
保健師→16,517人(合格率99.4%)
助産師→ 2,034人(合格率99.9%)
看護師→54,871人(合格率90.0%)

助産師さんの合格率にびっくりです!

ただ、ここの合格率だけをみて、

“意外と簡単!?”

と思われる一般の方が多いようです…

しかし!

この合格率の裏には、沢山の努力があり、
「決して、簡単ではありません!」
と声を大にして言いたいです。

看護師さんならご存じですが…
試験を受験するまでの道のりは、
決して楽ではありません。

勉強だけをすれば良いわけではなく
実習はもちろん
それをこなしていく過程で
自分とも向き合います。

想像以上に、
長い長い道のりです。

そして、その道のりは、
合格後もずっと続きます。

4月。
新しいスタートに
ドキドキワクワクされている新人ナースさんも多いと思います。

つらいこともたくさんある
看護師の道ですが、
どうか
看護師1年目、
がむしゃらに走り続けてください。

きっと
あっという間。

慣れてきて
ちょっぴり余裕もできる
看護師2年目。
どうぞ
大いに自由に
学び遊んで下さい。

これまた
あっという間。

後輩指導やリーダーを任され
責任を強く感じる
看護師3年目、
悩みも複雑になりますが
それ以上に嬉しいことも沢山あります。

どうか
石の上にも3年、

そうすれば
住めば都、に、きっとなる。

だから、
今、自分がすべきことから
目をそらさずに
大切な看護師3年目までを
過ごしてほしいなぁと思います。

(もちろん、それ以降も大切ですが…)
新人時代だからこそ吸収できるものがある、
最初の3年間は、そんな大切な成長過程だと思います。

正直、マツコは
看護師3年目を過ぎるまで

もう本当に
何度も 何度も「辞めようかな」と考えました。

バイト情報誌を片っ端から眺めたり、
地元の友達に地元の病院情報を
山ほど送ってもらったり、
転職会社に登録したり、
結婚を強く望んだり…。

立ち向かう努力より
辞めることしか
考えなかった時もありました。

ですが、
友達や同期
先輩、上司、
家族や人生の先輩方に
支えられて
乗り越えることができたと思います。

辞めたい症候群は、
きっと誰にでも訪れます。

だけど、本当にそうならないように
周りがしっかりそのサインをキャッチし
支えてあげたいですね。

さて、東京でも桜の満開宣言が出ました!
中には、入職したその日にお花見に
誘われる病院・病棟もあります!

色々ある看護師生活ですが
楽しいことも沢山あります。

その時その時を楽しみながら
看護師生活を過ごしていきましょう♪

マツコ