Vol.0082 巻き爪と、ナースシューズ。[2015/09/18更新]

みなさまこんにちは!

寒かったり暑かったり、気候がクルクル変わり、
それに惑わされていると、あっという間に9月も半ば。

シルバーウィーク!
(世の中は、)5連休です!!

全国的にお天気は安定しているようなので、
お出かけされる方も多いでしょう。

マツコも少しだけ、
予定があります。

がっ、なんだか数日前から、足が痛い…

両足の親指が痛い。

痛いなぁ~と思いながら、
ふとその痛い部分を押すと、まさかの膿!

えええぇぇ??

普段ならちょっと様子を見るところですが、
来週はシルバーウィーク。

まんまんまんまん万が一、
悪化したりしたら…

巻き爪を専門的に診てくれる救外なんて、
そうそうないはず。

インターネットで調べて、
即日病院にかかりました。

ラッキーなことに近所に巻き爪を専門に
診てくれる病院があったのです!

(少し肌寒い日だったので)
長袖を着ているのに、足はサンダル!
というアンバランスな恰好で、病院へ向かいました。

名前を呼ばれて、診察室に入ると
そのままベッドに誘導され、

足を診察…

「深いところまで切ったね~」

元々、少し巻き爪っぽくて、
病院勤務時代も足が浮腫んだりすると、
痛くなる時がありました。

そのため、足の爪切りには、
気をつけているつもりでした。

ご存知の方も多いと思いますが…
巻き爪を予防するためには、「深爪は厳禁」。
もちろん、「丸くカットもNG」。

長さを残して、まっすぐカット!

と、気をつけていたはずなのに…

妊娠で、爪切り不可能になり、
マツコの足の爪は伸び放題。

切りたくて、切りたくてウズウズ…

そして待ちに待った産後、スパーッ!!

と、キモチヨク短く切ってしまったのです。

欲求に負けた自分に後悔…

ちなみに、
妊娠で体重激増&産後の抱っこ等で
産後は巻き爪のリスクが高くなるそうな。

そんなの知らなかった!

さて、そんなこんなで先生が一言。

「どうしたい?」

はい?

どうしたい?

どうしたらいいか、
わからないから来てるんですけど…。

ネットなどで調べて自分で診断、
治療方法を提案する方もいらっしゃいますが、

マツコは先生に全てお任せ派です。

下手に何か言って、
自分が看護師だとバレてしまうことも嫌ですし。

とりあえず痛みを取り除いて欲しいのと、
これを機に、巻き爪を治したい!

と思って伝えました。

すると先生。

「巻き爪は、治んないよ」

ワイヤー治療という、
ワイヤーで爪を引っ張り上げる治療をしても、
一時的に改善するだけで完治はしない、とのこと。

し、知らなかった…

じゃあ、一生この巻き爪に困らないといけないの?

おばあちゃんになったときは、大変じゃない!

結局、残っていた膿を出してもらって、
抗生剤の軟膏を塗布してもらい、
爪の間に小さい綿球を押し込まれて、終了しました。

今は、両足に絆創膏の生活です(笑)

しかし、よくよく家に帰って調べると
マツコの症状は、陥入爪というもので、
手術ならば完治するとのこと。

先生…。説明して下さいよ。

まあ、マツコの症状は、
まだまだ初期だったので…

ということに、しておきましょう!

とはいえ、
やはり巻き爪・陥入爪は痛いです。

特に今は、看護師の足元はサンダルではなく
スニーカーが主!

足に合わない靴を履いていると、
悪化することもあるそうなので…

みなさん、気をつけて下さいね。

そして、靴といえば…

看護師さんの足元って、
キレイじゃないことが、多いです。

病院で履いた靴を、
自宅に持って帰って洗うことに抵抗がある方も多く、
(マツコも無理でした)

かといって、
そう頻繁に買い替えるわけにもいかず…

マツコは、
だいたい年に2回、
衣替えの時期に替えていました。

あとは、
(においが気になったら)中敷を替えたり、
汚れを酒精綿で拭ける素材の靴を、選んでしました。

もちろん、形は、スポッと履けるもの!

おそらく皆さんもそれぞれに、
足元のこだわりがあると思います。

スニーカーなどは
全部自己購入の病院も多いと思いますが…

ちょうど、もうすぐ衣替え。

せっかくなので、自分の足元を見直して、

もし、汚かったら…
これを機に、綺麗にしてみませんか?

ベッドで寝ている患者さんからは、
意外と医療者の足元は近く、しっかり見えるものです。

と、むかーし
サービス向上委員だったマツコのささやききでした♪

マツコ