Vol.0086 感染の季節がやってくる![2015/11/20更新]

 

みなさんこんにちは。

遠くにみえた富士山が
すでに真っ白な帽子をかぶっていて
冬がすぐそこまで来ていることを感じました。

さて、そんな今日この頃…
冬といえばやはり感染!

インフルエンザ、ノロウイルス…
今年は、大流行するかも、と言われていますね。

インフルエンザに関しては、
ワクチンが3価から4価に変更になり、
お値段も上がり、ちょっとした騒動もあったりしました。

さてさて、そんな冬目前のこの時期に、
ニュースで流れてきていたのが”夏”の感染症である流行性角結膜炎、
いわゆる「はやり目」が、いまだに流行しているとのこと。

ふ~ん…。

と思いながら、半分聞き流してたのですが…

親戚が一家全員で「はやり目」に罹り、
有老で働いているご両親はもちろん出勤停止!

親戚家族は、一家で引きこもっている…
との話がタイムリーに入ってきました。

あらっ!
こんな身近でも!!

大変だわぁ~

と一応、「大変だ」、と思いつつ、
まだどこか他人事で聞いていました。

らっ!

ふと、目の前にいる夫を見ると、

赤い…。

右目が赤い!?

昨日、飲みすぎたから…?
寝起きだから…?

ではなく!!

赤い~!!!

当の本人は、
眼ヤニもなく、痛みも痒みもないからと

あまり気にしてないご様子…。

気にしろーーーーー!!

そして、
頼むから病院へ行ってーーーーー!!!!!!

夫に病院受診を懇願し、
マツコはドラッグストアに駆け込みました。

調べてみると、
流行性角結膜炎の感染予防は

・汚染されたタオルや衣服は、56℃以上5分の熱消毒

・熱消毒できないものは、
次亜塩素酸(家庭用塩素系漂白剤)や、
市販の70%アルコール液で拭くか、消毒

とあります。

とりあえず、アルコールのジェル!

そして、吹きかけるタイプの消毒!!

恥ずかしながら、
初めてドラッグストアで消毒の棚をまじまじと見ました。

意外と、病院でも普通に使用している
アルコール消毒があったりして驚きました。

さて、スプレータイプの消毒剤の選択ですが…

アルコールだと、約千円。

ふんふん、まあまあのお値段。

で、次…次亜塩素酸だと?

に、二千円!?

高い~!

高金額だわっ!!

しかし、万が一、
今後ノロウイルスなどにも感染することも考えた場合、
次亜塩素酸の方が何かと使えます。

しばし、消毒液の前で悩みましたが…

…ここは、次亜塩素酸!!

アルコールジェルの大瓶と、
次亜塩素酸を手に取り、購入しました。

そして、いま現在、
家庭内別居中です(笑)

夫が通ったあとのドアノブを、
次亜塩素酸のスプレーを持って、拭きながら歩いています。

完璧バイキンマン扱いで若干かわいそうですが…
0歳児がいるので…仕方ありません。

何かするたびに手洗い、
消毒をしているのでマツコの手は、カッサカッサです…

しかし、症状が出るまでの潜伏期間が8~14日と長いこの病気。

もうすでにマツコも感染しているかもしれません。

そして、治癒までに2~4週間。

長い…。

ウイルスは目に見えません。

標準予防策、スタンダードプリコーションの定義に従って、
目に見えなくても、そこにあるものとみなして
感染予防を徹底するしかありません。

ああ、ゴム手とゴーグルがほしい、、、

感染袋に入れたら、汚染物が
綺麗になって返ってくる病院がどれだけ便利だったか
あらためて思い知らされました。

とはいえ、まだまだ、
流行性角結膜炎は体のダメージは小さいほう。

これから本格的に流行する、
インフルエンザやノロウイルスが与えるダメージは
非常に強いです。

マツコのように、
感染者が出てからドラッグストアに駆け込んだり、
感染予防にあたふたしないためにも、

職場だけでなく、
家庭内でも感染予防をしっかりとしていきたいですね!!

また、余談ですが、この話が出る1週間前にマツコは
「手をかざせば、センサーで自動的に泡の石鹸が出てくる」、
というものを購入しました。

ちょっぴりお高めでしたが、

おお!これが家庭でもできるんや!

と感動してしまい、
ミーハーゴコロで購入したのですが…

コレが意外と便利で、
しかも、今、この状況が重なり、
とても重宝しています♪

病原菌は、いつでもすぐ隣にひそんでいます…油断大敵!
ぜひぜひ感染予防をしながら、冬支度をしてくださいね。

マツコ