Vol.0096 誕生と死[2016/10/21更新]

みなさん、こんにちは。
マツコです。

気温の変化が激しい日々でしたが、
ようやく今週末あたりから
秋らしい気温に落ち着きそうですね。

マツコが妊娠したのも、
ちょうど2年前の秋口でした。

産婦人科に行って、それが確定とわかり、
まだ豆つぶのエコー写真を持って義実家に行き、
直接、報告することにしました。

義実家に到着すると
義父はまだ仕事から帰って来ておらず、
義母が迎えてくれました。

この、うちの義母(以下おかあさん)。

THEお姑さん

というタイプには、どれにも当てはまらない
ものすご~く、さらっとした方で
例えていうなら、ネコのようなひと。

干渉はまずしないし、
その分、そんなに簡単には心を開いてはくれない(笑)

今、一緒に居間でお茶を飲んでいたかと思うと、
スルッと自分の部屋に戻ってしまう。

マツコはおかあさんの携帯番号はもちろん
メールアドレスさえ知りません。

2人きりで出掛けたこともないし、
マツコを呼ぶときは「彼女」って呼ぶのが基本。

名前で呼んでくれたのは……2回だけ(笑)

でも、冷たいわけでも、
意地悪なわけでもありません。

ほんとうに、つかず離れず
(ネコのように)見守ってくれています。

そんなおかあさんとは対照的に
マツコは、犬っぽい性格。

すぐにお腹を見せちゃうし、シッポも振っちゃう。

だから、はじめはそんな
「ネコ型おかあさん」との関係に
ちょっぴり悩んだこともありましたが、
義父(以下おとうさん)や義妹、夫から

「おかあさんはそんな人」

と教え込まれ(笑)、

マツコも徐々に気にならなくなり

「おかあさんはそんなひと!」

と思うようになりました。

だけど、どんなに“嬉しい報告”でもあっても
やっぱり、おかあさんと2人きりだと緊張する~!

と、思っていたマツコに
トンッ、とあったかいお茶を置いて一言。

「ねぇ、もしかして…?」

ニヤッとニヒルな笑顔で、
マツコをのぞき込むおかあさん。

「そうなんです~!」

緊張もどこへやら。

ニヤニヤしながら
豆つぶのエコー写真を出そうとしたら

「うれし~い!!!」

これ以上ないほどの笑顔で手を叩いて、

何度も、嬉しい!
を連発するおかあさん。

こんなに感情を爆発させたおかあさん、
見たことありませんでした。

それを見て、
ついつい涙ぐんでしまいました。

検査薬で分かった時も、
産婦人科でエコーを見せられた時も、
実の親と電話で話した時も、

涙なんて出なかったのに。

だって、後にも先にも
こんなにこの生命の誕生の喜びを
表現してくれたひと
いなかったもの。

それが、あの普段ひょうひょうとしている
おかあさんだなんて

今でも、
あの場面は鮮明に覚えていて
思い出しては涙が浮かぶ。

それは、とても嬉しいことだったと同時に
マツコにとっておかあさんとの、
数少ない大切な思い出です。

そう、そんな秋の日から、
2ヶ月経ったある日。

「わたし、死ぬかも…」

と、
おかあさんが突然身体の不調を訴え、
受診後、すぐに入院となってしまったのです。

…今回は、ここまで。

このお話を書くこと、
ずっと、ためらっていました。

だけど、
おかあさんの闘病生活を通して
マツコが家族として、
看護師として考え、思ったことを、
数回に分けて、お伝えできたらと思います。

どうぞ、お付き合いのほど、
よろしくお願いします。

マツコ