千葉東病院 看護師募集

千葉東病院 看護師募集


看護部のご紹介

職場のご紹介

看護単位で活躍している看護師、去年就職した活き活き看護師からのメッセージです。
当院へ就職した動機、新採用時からの指導体制、看護のやりがいなどが述べられています。是非ご覧ください!

「優しさ」を伝えたい

私は当院に就職し、7年半が経ちました。現在、主にここ数年はOJTリーダー(新人指導)を担っています。

人に何かを教えることが苦手な私に、新人指導の要になることは、到底無理だと思っていました。当院では、卒後研修が段階別に行われており、私もその段階を順に経て来ました。自分が今、新人指導に関わる時期に来ていることを認識し、OJTリーダーを引き受けました。苦手なことを克服していくことが私の挑戦となり、新人さんと一緒に成長している最中です。教えることだけが指導ではなく、時に厳しく、時に褒め、時に見守ることが大事であり優しさでもあると私は考えています。これは、看護でも同様です。私は、看護をする上で、「優しさ」が一番大切だと考えているからです。

これから、新病棟でも「優しさ」の心を持ち続け、多くのことに挑戦し、更なる成長を遂げていきたいと思ってます。

西山里美
愛知県立総合看護専門学校
第1看護科卒

化学療法センターに勤務して

私は現在、開設されて二年目の化学療法センターに所属しています。対象とするのは殆どが抗がん剤を受ける患者さんのため、私達看護師は、病気とうまく向き合い、治療による副作用と隣り合わせに生活をしていくためのサポートが主な役割です。外科とは異なり、病気が治癒しないことや、長期化することが多いため、精神面や一緒に病気と闘うご家族への関わりも重要です。また、退院後も外来で治療を続ける患者さんが多いため、外来への移行に向け、退院支援に看護が活かされているのも大きな特徴です。

当院では外来と病棟との連携を図るため、病棟のスタッフが外来に出向き、継続看護の強化に取り組んでいます。私は外来連携ナースの経験をしたことで、病院から離れた場所を生活の主体とする患者さんの姿を実際に目にし、これまで切り離して考えてきた入院と退院の概念が変わり、広い視野で患者さんを捉えることができるようになりました。自己管理が長期的に必要となる患者さんの指導は、主に生活に密着している私たちが主体となって進めていくため、責任はありますが、とてもやりがいもあると感じています。

山崎紀世
四日市市立四日市高等看護学院卒

また、退院支援とは別に、病状が悪化していく患者さんやご家族と接することで感じること、学ぶことは沢山あります。吐気、感染、脱毛などといった様々な副作用に苦しみ、治療をしても進行して亡くなられる患者さんもおられます。治療をする一方、そのような患者さんと接していくことは、時間的にも、気持的にも余裕が持てず、心が葛藤することもあります。しかし、化学療法病棟で迎えるターミナルステージは、それまでの長い経過をみてきた分、情報も多く、治療をしてきた頃からの長い経過で培われた信頼関係が活かされ、患者さんと医療者がお互いに充実した時間を持つことができます。

このように、化学療法を行う病棟という大きな枠組みの中に、様々な病気、症状、ステージの患者さんが混在しています。しかし、その分沢山の症例を多く経験することができ、学びも多く得られ、今後の看護に活かされていくと感じています。

今年 就職しました

私の働いている病棟は外科系混合病棟で、泌尿器科、一般外科、口腔外科、皮膚科など多くの科があります。私はその中の泌尿器科のモジュールで働いています。病棟で働くようになって4ヶ月となりますが、今は、早く現場の雰囲気に慣れるよう、そして疾患に関する理解や知識を深めるよう、仕事に勉強に、忙しい毎日を送っています。入社後はじめの2週間は研修に参加します。研修中は、採血、輸液ポンプの使用方法などについての実習があります。また、移乗など基本的な技術練習の時間も設けられ、必ず全員が練習できるよう、時間配分が組まれています。採血の練習は、病棟に配属後、先輩に協力してもらい実際に練習することができました。患者さんを相手に実施する時はもちろん不安でしたが、練習の成果もあり、落ち着いて実施できたように思います。当院の教育体制は新人1人に対して1人のプリセプターがつきます。またプリセプターが休みの日は、代わりに違う先輩が指導者となって1日中指導してくれるので、安心して仕事ができます。技術の習得に関しては、科毎に必要な技術内容が記載されたチェックリストが作成されており、習得状況をプリセプターと確認していくので、自分に必要な技術は何か具体的にわかります。

平井有香
京都府医師会看護専門学校卒

看護は患者さんの命と向かい合う仕事であり、ときに落ち込んでしまうこともあります。しかし、そのような時、先輩は親身に私の悩みに耳を傾け、どのようにしたらよいかアドバイスや、勉強方法のコツについても教えてくれます。実際に働き出すと、当然深い知識が必要になるため、教科書を頼りにするだけでは間に合いません。しかし、当院は図書室があり、また、新人ナースのための講座案内も頻繁にあるので、自分自身のスキルアップを出来る機会が数多く提供されていることも、魅力の1つかと思います。

病院見学は病院選びをするにあたってとても大切だと思います。パンフレットを取り寄せるのも、病院について知る方法のひとつではありますが、ぜひ生の現場を自分の目で見て確かめに来てください。

臨床実習、国家試験勉強など今はとても大変な時期だとは思いますが、将来看護師として働いている自分の姿を想像しながら夢に向かって頑張ってください。みなさんと一緒に仕事が出来ることを楽しみにしています。

憧れの看護師長と働いています

私は、幼稚園の頃から、看護師になるのが夢でした。今、私はこの病院の東8階の造血幹細胞移植センターで働いています。この特殊な病棟を希望した理由は、大学3年生の血液内科実習がとても充実したものだったからです。その実習では、係長から大変様々なことを学び、この係長の下で働きたいと思い、就職を決めました。それが今の病棟の師長です。

実際に働いてみると、その忙しさに驚きました。実習は、1対1で患者を受け持ちますが、病棟では日勤業務では5〜8人、夜勤では約20人の患者を一人で受け持たなくてはいけません。新人看護教育にはプリセプターシップ制が取られ、私の担当は、6年目のベテランの先輩でした。4月から6月の3ヶ月間、プリセプターにぴったりとくっついて仕事をします。私のプリセプターは、非常に真面目で、思いやりがあって、すごく優しい先輩でした。一度だけ、厳しく怒られたことはありましたが、いつも出来ない私を責めずに、指導してくれました。3ヶ月がたち、独り立ちをします。注射や点滴をするのも一人で行います。ある先輩から、「学生気分でやっていてはだめだよ。」と言われたことがありました。私は、看護師免許をもって仕事をしているという自覚が足りなかったのだと思います。

木元 恵
日本赤十字愛知短期大学卒

この病棟を希望したもう一つの理由は、慢性疾患患者の看護に興味があったからです。何年も病気と闘い、病気とともに生きていかなければいけない患者の身体的・精神的苦痛はとても大きく、その苦しみを少しでも和らげ、患者やその家族を支えていきたいと思いました。しかし、患者の死に直面したとき、私は一体何をしているんだろうと漠然と疑問に思い、何て無力なのだろうと感じました。そんな葛藤で悩んでいた時、亡くなった患者のご家族から、感謝の言葉を頂きました。いつも親身に話を聞いてくれて感謝しています、といった内容でした。その話を師長から聞いた瞬間、目頭が熱くなりました。こんな私でも、少しでも役に立てるんだと思えました。私の天職は、看護師だ、と言えるようになりたいと思います。

看護は、とてもやりがいのある仕事です。将来、皆さんと同じ職場で働ける日がくるといいなと思います。