マイページ
vol.26『インシデント発生後に必要なこと』
登場人物
  • 白衣たまこ

    22歳 1年目看護師
    いつも一生懸命だが
    たまに抜けている

  • 看護みよこ

    42歳 病棟師長
    病棟のお母さん的存在

  • 医療ゆかり

    25歳 4年目看護師
    たまこのプリセプター

インシデント発生後に必要なこと

看護師なら誰しもが通る道

看護職としてお仕事をしている方であれば、インシデントの経験がある方がほとんどではないでしょうか。

インシデントを起こして、落ちこんだ経験がある方も少なくないでしょう。

上司や同僚に批判されるかもしれないといった強い不安や、精神的ダメージを受ける方も多いようです。

負のスパイラルに陥ることも

そんな感情を引きずったまま、気持ちを切り替えられずに業務を進め、インシデントを繰り返してしまったという体験も耳にします。

落ち込んで自分の行動を振り返る事は悪いことではありませんが、必要以上に落ち込んで萎縮してしまっては、さらなるインシデントに繋がる場合も…。

インシデントを起こしたあとはひと呼吸を

インシデントは誰もが起こす可能性があります。
それは、新人でもベテランでも同様です。

「今引きずっているな」と思ったら、まず深呼吸をしましょう。

空気を吸わせるのではなく、ゆっくりと大きく息を吐くことを意識してみましょう。
ため息のように口から吐き出すことがポイントです。
大きく吐くことで副交感神経が優位になります。冷静さを取り戻すことに役立ちます。

すぐに次に行うべき業務が山積みである場合は、特に意識的に行いましょう。

まずはひと呼吸おいて、次の業務に取りかかることが大切です。

医療監修/赤坂山王クリニック 院長 医学博士 梅田悦生
マンガ/ほりたみわ
(敬称略)

【東京都】人気の美容クリニックの求人特集です!

【東京都】訪問看護の求人特集です!

【千葉県】病院・医療機関の求人特集です!

【東京都】憧れの大学病院の求人を集めました!

【東京都】おすすめの企業看護師求人を集めました!

【プライベート看護】スーパーナースが提供する「自費の訪問看護」という働き方に関する特集です!

【看護師の方向け】OSAKA求職者支援コンソーシアム特集!大阪府ではコロナ禍における民間事業者と共同し求職者が早期就職と職場定着を目的とした支援を行っています。

お気軽にお問合せください!

スーパーナースは全国の看護師求人案件を取り扱っています。