マイページ
vol.27『インシデントレポートにマイナスな印象を持っていませんか?』
登場人物
  • 白衣たまこ

    22歳 1年目看護師
    いつも一生懸命だが
    たまに抜けている

  • 看護みよこ

    42歳 病棟師長
    病棟のお母さん的存在
    スキンケアがすき

インシデントレポートにマイナスな印象を持っていませんか?

インシデントについておさらい

厚生労働省はインシデントについて、日常診療の場において誤った医療行為などが患者に実施される前に発見されたもの、あるいは誤った医療行為などが実施されたが結果として患者に影響を及ぼすに至らなかったものと定義しています。
同義で「ヒヤリハット」とも言います。

インシデントレポートの目的を再確認しましょう

インシデントレポートの目的は、重大な事故を未然に防ぐことです。

インシデントレポートは反省文でも始末書でもありません。原因を突き止め、再発防止策を講じるためのものです。
原因を客観的に振り返り、チーム全体で対策を講じていくことが大切です。

しかし、インシデントレポートに関するイメージとしてマイナスな声も多々聞かれます。

「失敗は悪いこと。自分がもっと頑張れば,注意していれば失敗などしないはず」
という考え方にとらわれることもありませんか。

このようなマイナスな感情がチーム全体に根づくと、インシデント発生により上司や他者に批判されるかもしれないといった強い不安につながります。

その強い不安や精神的ダメージから逃れられず、気持ちを切り替えらないまま業務を進め、インシデントを繰り返してしまうことがあります。
これはアクシデントを未然に防ぐ観点からも、避けたい傾向です。

チーム全体で意識の改革を

もし、マイナスの感情が根付いてしまっているとしたら、まず始めるべきことは、「失敗は悪いこと」という感情をチーム全体で変えていくことです。

インシデントは目を背けるものではなく、チーム全体で向き合うべきものです。
そして、客観的に分析した結果を共有し、チーム全体として再発防止策に講じることが大切です。

インシデントは報告するだけでなく、共有された情報を把握して再発防止策に講じていくことも大切。
そのことを心にとめ、日々の業務を行いましょう。

以上のことを忘れずにインシデントひとつひとつに向き合っていきましょう。

医療監修/赤坂山王クリニック 院長 医学博士 梅田悦生
マンガ/ほりたみわ
(敬称略)

【東京都】人気の美容クリニックの求人特集です!

【東京都】訪問看護の求人特集です!

【千葉県】病院・医療機関の求人特集です!

【東京都】憧れの大学病院の求人を集めました!

【東京都】おすすめの企業看護師求人を集めました!

【プライベート看護】スーパーナースが提供する「自費の訪問看護」という働き方に関する特集です!

【看護師の方向け】OSAKA求職者支援コンソーシアム特集!大阪府ではコロナ禍における民間事業者と共同し求職者が早期就職と職場定着を目的とした支援を行っています。

お気軽にお問合せください!

スーパーナースは全国の看護師求人案件を取り扱っています。