新松戸中央総合病院 看護師募集

新松戸中央総合病院 看護師募集


看護部のご紹介

看護体制について

・ 固定チームナーシング

・ 2交替制

・ 日勤 8:30〜17:30 / 夜勤 17:00〜翌朝9:00

看護体制について
看護部組織図

働くナースのご紹介

当看護部で働く、先輩ナースからのメッセージをご紹介します。

まず社会人として挨拶ができることからスタートを

どうしても看護師の仕事に就きたくて、当院の看護補佐として働きながら、看護学校へ通い、無事に資格を取得。現在は看護師長になり3年目です。
スタッフの頃は患者様一人ひとりと接する時間も長く、いろいろな話をしてきましたが、管理という仕事は広く、人間関係において求められるものの質も変わり、仕事の難しさを痛感し始めています。
私の現在の目標は、患者様や患者様のご家族がここの病院のここの看護師にケアしてもらってよかったと心から思っていただける、そんな病棟にするための雰囲気づくりです。
そのために肝心なことは、まず『挨拶』。
自分から挨拶し、話しかける、そうすれば絶対にコミュニケーションは図れるんです。
自分が患者になったと想像してみてください。看護師に挨拶をしてもらえなかったとしたら、淋しい気持ちになりませんか?難しいことではないのです。そこから始めましょう。

副看護師長:小川 由佳

副看護師長:小川 由佳
内科・眼科病棟勤務

退院後の生活プランまでフォローできる看護師に

当病院に勤務するまでは国立の大学病院で看護師をしていました。
もともと地域に密着した医療に興味があり、大学では保健師の資格も取得しました。遠方の方ではなく、患者様の生活の様子やご家族の顔が見えるような、地元の人のための医療に従事したかったのです。
患者様が退院後にどのようにして自立して暮らしていくか、循環器系の患者様にあっては特に食事指導など生活プランを考えるなど、これからは保健師の資格も生かしたいですね。
好奇心は旺盛な方なので様々なことに挑戦し体験しようと思います。看護師は一生続けられる仕事です。勉強し続けなければいけない反面、常に新しい発見があるのも、この仕事の魅力。皆さんも自分の好奇心は大切にしてください。
人に深く入っていくには、好奇心のようなものが必要だとも思うから。相手のことすべては理解できないけれども、わかろうとする気持ち、これを忘れずにいたいです。

副看護師長:高草木 恵美

副看護師長:高草木 恵美
循環器内科・泌尿器科・整形外科病棟勤務

患者様に選ばれる気持ちのよい病院を目指して

日常生活動作をご自分でできない患者様が入院対象の病棟です。
意志疎通が何より難しく、アイコンタクトや手ぶりや口の動き、文字盤使用などあらゆる方法を駆使して、患者様なりにどうしたら一番スムーズにコミュニケーションがはかれるか、全力を注いでいます。
入院を余儀なくされた患者様が、いかに気持ちよく過ごせるか、「病院へ行けば治療してもらえるけれど、ほかは我慢しなければいけない」という意識は変えたいです。
医療は苦しいだけのものではない。患者様が辛いと思われることをどうしたら主体的に心地よくしていただけるのか、できる限り苦痛の少ない治療を行える環境づくりをしていきたい。
人はみな価値観が異なるので、この仕事は難しいですが、基本は笑顔で対応すること。
これからは患者様が医療技術だけでなく、接遇で病院を選ぶ時代がやってくるのではないかと考えています。

副看護師長:平田 洋子

副看護師長:平田 洋子
障害病棟勤務

仕事もプライベートも全力投球

私が心掛けているのは、“仕事もプライベートも全力投球”ってこと。看護師に大切なのは、看護の知識や技術だけではありません。
患者様に快適に過ごしてもらうための細やかなケアや、患者様との会話がどんなに大切か、実際に看護師になってみて実感したのです。

そのためには、忙しさに流されて自分自身の余裕がなくなってはいけませんよね。
これからも、オンとオフ、メリハリのある生活を送っていきたいと思っています。気持ちの余裕と充実は、仕事にも表れると思いますから。

4階 消化器内科病棟勤務
吉村 真紀