マイページ

看護師資格を生かせる職場や、看護師の転職時に持っておくと有利な資格を教えます。

ナースさんが看護師業界に限らず転職を考える際、他の求職者と異なる(ほかと差がつく)点といえば、なんといっても「看護師資格」を持っている点でしょう。そこで今回は転職検討中のナースさんのために、看護師資格を生かせる職場や、看護師として転職する場合に持っていると有利な資格をご紹介します。病院への転職に限らず他の業界の転職先もあるため、幅広い転職先をご検討中の方もぜひご参考にしてください。

看護師資格が生かせる職場はこんなにある!

まず、ナースさんなら必ずお持ちの看護師資格を生かせる職場の紹介についてご紹介します。病院や診療所といった勤め先しか想像できない方もいるかもしれませんが、実はそれ以外でもこんなにたくさんの選択肢があります。

1.産業看護師

企業の事業所内にある医務室などで、従業員を対象とした看護や医療指導をおこなうお仕事です。イレギュラーな対応が少なく、1日の流れがほぼ決まっている職場なので、働きやすさを感じる方も多いでしょう。また、残業や夜勤が発生せず休日などもしっかり決まっているため、ワークライフバランスをとりやすいという長所もあります。

2.訪問介護の仕事

在宅医療が提案される機会が増え、需要が多くなっているのが「訪問介護」の仕事です。基本的には患者さんのご自宅を定期巡回する業務で、外回り中心なので内勤が苦手という方には向いているでしょう。残業や夜勤があまりなく、ご自身のペースで働ける点は産業看護師のケースと同様ですね。ただし、巡回先によっては大きな荷物を抱えて階段を上り下りするなどの機会もあるため、体力に自信があってフットワークの軽い方に向いています。

3.ツアーナース

旅行のツアーなどに添乗・同行し、道中のお客様の看護を担当するお仕事です。特に学校の修学旅行などに添乗するケースが多いため、観光地を巡りながら看護の仕事ができる点や、生徒さんたちとのコミュニケーションが楽しめることで人気があります。

4.イベントナース

スポーツやレクリエーション、一般催事などの大規模イベントで救護・看護を担当するお仕事です。基本的には単発のアルバイト形式で求人されることが多いため常勤は難しいのですが、毎回異なる現場で非日常感を味わいながら仕事ができる点で人気があります。

5.治験コーディネーター(CRC)

ある意味、看護師よりもさらに専門職の度合いが強くなるといえるCRC。新しい薬剤や治療法などを試すためにおこなう、「臨床試験」を支援するお仕事です。具体的には、治験を受ける患者さんに治験内容を説明したり、新たな治療を試される患者さんの心理的負担を回避するための相談などもおこなったりします。患者さんとのコミュニケーションにやりがいを感じる方には、特に適したお仕事といえそうですね。

看護師以外に、ナースさんが持っていると有利な資格

ナースさんなら看護師資格は持っていますが、さらに転職で差をつけるために多くの資格を取得する方もいます。ここでは、ナースさんが看護師資格のほかに持っていると有利になる資格と、その理由についてご紹介します。

1.認知症ケア専門士

「日本認知症ケア学会」認定の民間資格で、認知症ケアに適した知識や技能およびメンタリティを備えた専門家であることを証明するものです。10年間で3年以上認知症に関する実務経験を有し、一次試験・二次試験および面接・小論文テストに合格することで資格を取得できます。
日本は本格的な高齢化社会に入り、認知症の患者さんをケアする機会も増えています。それにともない、職場での有資格者の需要も増えると考えられています。

2.医療環境管理士

「医療福祉検定協会」認定の民間資格で、医療施設内での院内感染を防ぐために管理・指導をおこなえる知識・技能を証明するものです。試験に合格し、所定の講習を受講することで資格の取得ができます。院内感染は大きな社会問題にも発展するため、それを予防する取り組み強化のための専門家としての需要は、今後より高まるでしょう。

3.ケアマネージャー

正しくは「介護支援専門員」と呼ばれ、要介護・要支援と認定された方に適正なケアをおこなうべく、計画を立てたり介護事業者との連携を図ったりする仕事をします。介護施設やデイサービスセンター、訪問看護ステーションなどで常に有資格者の求人があり、転職には特に有利になり得る資格です。

4.認定看護師、専門看護師

看護師の方がキャリアアップ目的で取得するためには、最適な資格の1つです。認定看護師の場合で5年以上の臨床経験および3年以上の専門分野での経験があることと、6か月以上の研修を経たあと認定審査への合格が必要です。専門看護師の場合はそれに加え、看護系大学院の修士課程を修了しており、そこで所定の単位を取得していることも条件づけられます。なお、資格があると診療報酬に加算がされるため、転職後も病院で看護の仕事を続けたい方にはもっとも有利な資格の1つといえるでしょう。

5.臨床心理士

心理学を専攻し、大学院の修士課程を修了のうえ試験を受けて合格すると取得できる資格です。臨床心理学に基づいた技法で、患者さんのメンタル的な問題を改善する仕事ができるようになります。病院や診療所のほか、保健福祉施設や学校・企業などでも活躍でき、将来メンタルヘルス関係の研究などに携わりたい方にもおすすめの資格です。

まとめ

今回は、看護師の資格を生かせる異業種の職場や、看護師として転職を有利にできるプラスの資格についてご紹介しました。
将来的に転職でキャリアアップや異業種へのステップアップをお考えなら、プラスの資格があれば選択肢の幅も広がるのでさらに状況を有利にできそうですね。ナースの仕事をしながら、興味・関心のある分野にちなんだ資格を取っておくと、より確実な転職成功につなげられるかもしれません。

5/19更新【東京都】おすすめの企業看護師求人を集めました!

5/16更新【東京都】保育園の求人特集です!

5/2更新【東京都】憧れの大学病院の求人を集めました!

5/2更新【東京都】透析求人と透析で働くメリット・デメリットをまとめました。

【ナースサポート】看護師さんのための新しい転職支援サービスです!

【バックアップナース】って何?!にお答えするスーパーナースが展開する「バックアップナース」というサービスについての特集です!

【全国】活躍の場は日本全国?!バックアップナースの看護師求人を集めました!

5/16更新【東京都】人気の美容クリニックの求人特集です!

【東京都】訪問看護の求人特集です!

【千葉県】病院・医療機関の求人特集です!

【プライベート看護】スーパーナースが提供する「自費の訪問看護」という働き方に関する特集です!

お気軽にお問合せください!

スーパーナースは全国の看護師求人案件を取り扱っています。