マイページ

看護師の平均年収とは?年代別・役職別・性別・都道府県別まとめ

みなさんは、看護師の平均年収について調べてみたことがありますか? 「500万円くらい……?」といったように、インターネットなどの情報で漠然とご存じの方も多いでしょう。
厚生労働省の「平成30年賃金構造基本統計調査」によると、看護師の平均年収は「479.9万円」
女性に限定した場合も「478.5万円」と、全体平均とほぼ変わりありません。これを女性の全職種での平均年収「382.6万円」と比較すると、大きく上回ることがわかります。
そこで今回は、看護師の年代別・役職別年収や生涯年収など、さらにくわしく「看護師のお給料」に関するデータをご紹介します。

看護師の年代別年収や、役職別年収などは?

次に年代別の給与、生涯年収、仕事内容、役職別の年収などに触れつつ詳細を記載します。
ここでは、看護師の年収についてさらに詳細な情報を公開します。年代・年齢別、職場別、役職別など興味深いデータを一挙にご紹介。転職などを考えていて、より給与面で有利な職場を考えている方や、ご自身の世代の平均年収を知りたい方は、ぜひご参考にしてください。

1.看護師の年代別年収

女性看護師の年代別平均年収は、以下のように推移しています。

【20~24歳】約390万円
【25~29歳】約460万円
【30~34歳】約470万円
【35~39歳】約480万円
【40~44歳】約510万円
【45~49歳】約520万円
【50~54歳】約530万円
【55~59歳】約530万円
【60~64歳】約440万円
【65~69歳】約400万円
【70歳以上】約370万円

もっとも年収が高くなる年代は、50代の10年間。やはり長く勤めることで安定してお給料を上げていくことができる点は、看護師という職業の利点といえそうです。
また、70歳を過ぎても現役で働いている看護師さんが、平均年収を算出できるくらいの一定数いることに驚いた方も多いでしょう。
看護師は資格とスキルを持っていて心身が健康であれば、ライフワークにできる可能性があるお仕事だとわかりますね。

2.看護師の職場別年収

看護師の年収は、勤務する病院や診療科によっても変わる場合があります。ここでは、看護師の職場・現場別の平均年収をご紹介します。

看護師の職場別年収
1.救急救命病棟(ER)の看護師:約540万円
2.大学病院の看護師:約490万円
3.大型総合病院の看護師:約470万円
4.クリニック勤務の看護師:約390万円

やはりイレギュラー対応が多く長時間勤務が増えるER勤務の看護師が、ずば抜けて年収が高くなる傾向にあります。
また、大学病院の看護師は給料が良いといわれますが、国公立の大学病院よりも私大の附属病院のほうが高給になる傾向にあるといわれています。

3.看護師の役職別年収

昇進して役職に就く場合、どれくらい年収が上がるのかも気になるところですね。
ここでは、看護師の役職別年収についてもご紹介します。

看護師のおもな役職別年収
1.看護部長の場合:約930万円
2.看護副部長の場合:約800万円
3.看護師長の場合:約740万円
4.看護副師長の場合:約620万円

現役の看護師がこれから現実的にめざすのであれば「看護師長」や「看護副師長」クラスの役職かもしれません。
ここまでキャリアアップできれば、年代別平均の最大と比較してもかなりの高給をめざせることに。
長く勤めるほか、専門資格などを取得することでも昇進に近づけますから、いまから勉強したり、昇進ポストの多い職場への転職を考えたりすることも得策かも。

4.看護師の都道府県別平均年収

お住まいの地域や就職する地域によっても、看護師の平均年収に開きが出ることがあります。おもな都道府県の看護師の平均年収は、以下のようになっています。

看護師のおもな都道府県別年収
※厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」による
・北海道:4,736,000円
・宮城県:4,672,000円
・東京都:5,165,000円
・神奈川県:5,318,000円
・愛知県:4,773,000円
・大阪府:5,608,000円
・広島県:5,008,000円
・福岡県:4,723,000円

首都圏、東海圏、関西圏といった大都市圏での年収は高くなり、東北や四国、九州などの地方部では低めになる傾向がわかります。

5.性別による平均年収の違い

厚生労働省による「平成29年度 賃金構造基本統計調査」では、男性看護師の平均年収は「4,890,000円」、女性看護師の平均年収は「4,770,000円」となっています。性別による平均年収の開きはそれほどなく、男性看護師を採用する動きが活発化しているとはいえ、殊更好待遇での求人が多くあるという状況ではないようです。

ちなみに、看護師という職業全体でみた場合の男女比率は「7:93」と、今なお女性が圧倒的に多い職業であるという状況は変わっていないと考えられます。

看護師のボーナス・生涯年収はどれくらい?

これまでは、看護師の平均年収について多くの側面からご紹介してきましたが、ここでは年収を大きく左右する要素でもある、看護師のボーナスについてもご紹介します。

1.看護師のボーナスの平均は?

看護師のボーナスの平均額は、「799,900円」となっています。平均月収である「331,900円」でこの数字を割ってみると、1回に支給されるボーナスは月給の「約2.4倍」となり、一般的な会社員が受け取っているボーナスよりはかなり高めであることが分かりますね。

2.看護師の生涯年収は?

日ごろから、自分の生涯年収を意識しながら働いている人はあまりいないと思いますが、ここでは看護師の生涯年収についても見ていきましょう。厚労省の賃金構造基本統計調査をもとに、年齢別(22歳~59歳)の収入から換算した看護師の生涯年収の目安は、以下のようになっています。

・看護師全体の生涯年収:1億9154万3900円
・女性看護師の生涯年収:1億8573万6900円
・男性看護師の生涯年収:1億9735万900円

生涯年収だと2億円近くになるというのは、ちょっと驚きですね。継続して働けば給与が相対的に上がっていき、定年間近になってもそれほど給与水準が下がらない職業ならではの特徴といえそうです。

准看護師の平均年収はどれくらい?

看護師は国家資格ですが、准看護士は知事免許であるという違いがあり、資格の種類が異なることで給与水準にもある程度の差があるといわれています。准看護士の平均年収は「およそ3,550,000円」となっており、看護師の4,799,000円と比較すると低めになっています。

しかし、あくまでこれは平均値であり、職種や職場・役付きの有無などで給与額に開きがある点も准看護師の特徴です。長く働き続ければ評価が上がって年収が高くなることは十分にあり得ますし、主任や副師長クラスの役職に就くことで正看護師とほぼ変わらない給与となる場合もあります。
なお、法令上准看護士は正看護師に指示を出す役割である管理職に就くことは認められていません。しかし、師長の指示を受ける立場となる主任や副師長が管理職扱いでない職場なら、それらの役職に准看護士が就くケースはさして珍しくありません。

もし、准看護士として管理職になることを考えているなら、大規模病院以外の看護職でそれをめざすという手があります。介護施設などで看護ができる人を求めているケースは豊富にあり、それら福祉系の職場において准看護士は非常に重宝されています。准看護士が介護士に指示を出す役割である管理職に就く事例はとても多く、施設長を務めていることも。
また、個人クリニックなどでは准看護士が部下の看護助手に指示を出す管理職を務めているケースも少なくありません。正看護師に指示を出す業務を求められていないなら、准看護士が管理職を務めることも可能だからです。

看護師が年収をアップさせるポイントは?

看護師として「もっと年収を上げたい」「長く働いて、将来的に高年収をめざしたい」と思っているなら、どのような方法で年収アップを図ればよいのでしょうか。ここでは、看護師が年収アップを実現するためのポイントをご紹介します。

1.専門資格を取得する

看護師がさらに取得できる資格としては、「保健師」や「助産師」がよく知られています。これらは国家資格で、将来看護職を離れることがあっても役立つため取得を考えている方も多いでしょう。またそれらの他に「専門看護師」「認定看護師」などの資格もあると給与アップに有効です。専門看護師や認定看護師は、基本的に看護の仕事を続ける場合に役立つ資格ですから、今後のキャリアプランを考慮してどのような資格を取るか考えていくとよいでしょう。

2.管理職をめざす

若い看護師さんの場合はまだ現実味がないかもしれませんが、将来管理職クラスまで昇進できれば基本給や手当の額を上げることができます。長く働いて実績を作ることや、新たな資格を取って勉強すること、後輩の指導を一生懸命することなどで評価を上げ、昇進のきっかけを引き寄せる努力をするとよいでしょう。もちろんこれらの努力は昇進だけではなく、職場で信頼される看護師さんとなるための努力にもなり得ます。

3.思い切って高年収の職場へ転職

「すぐに年収を上げたい」「今の職場の年収が低くてすでに不安」という場合は、思い切って転職を考えるのも1つの手です。
特に、激務を強いられているのに信じられないほど低賃金というブラックな職場で看護師をしているなどの場合は、心身のコンディションを崩してしまう前に早めに転職を考えることが吉かもしれません。
とはいっても、年収の高い職場を一般求人サイトやハローワークで見つけることは簡単ではありません。希望の年収や仕事内容に合わせて応募する職場を選定してくれる看護師専門の転職エージェントに相談し、ご自身に合った職場探しをすることがおすすめです。

看護師の雇用の現状と新しい看護師の働き方とは?

1.看護師は慢性的に人手不足

看護師という職業は「お給料が良い」と言われがちですが、人命に直接かかわる責任や夜勤・超過勤務の多さを考えると疑問に思う方も多いのでは。
それだけに、「現状のお給料でも割に合うとは言い切れない」と考える、現役看護師も少なくないはず。
看護師は景気などの影響で求人数が減ることも、給与が下がることも少ない安定した職業であることは確かです。
また、つねに人手が足りない状況が続いており、就職や転職でもそれほど苦労した経験はないという方もいるでしょう。
看護師として働くことは大変かもしれませんが、看護師の資格を持っているというだけで就職や転職には確実に有利です。
それだけに、ご自身に合う職場をしっかり検討の上で後悔のないお仕事探しをすることが大切になるでしょう。

2.看護師の新しい働き方とは? 看護業界注目の職種

看護師として働くといえば、総合病院やクリニックなどに勤務するケースをほとんどの方が想像するでしょう。
しかし最近では、医療のあり方も多様化し看護師の職種の幅も広がっています。
ここでは、いま注目されている看護師の職種をご紹介します。

【1.訪問看護業務】
在宅医療の推進がおこなわれ、それにともない訪問看護の需要が増えています。
看護師の仕事としては、専門の看護師がご自宅を定期的に訪問して患者さんを看るお仕事が中心です。
夜勤は基本的にありませんし残業も少なく、休日も安定して取得できるのがメリット。
また、まだ人手が少ない業界だけに給与水準も高めです。

【2.産業看護師】
企業の従業員として、事業所内の医務室や救護室で働く看護師を「産業看護師」と呼びます。
なんといっても残業・夜勤がなく、会社カレンダーに即して休みが取れる点がメリット。
人命を預かる責任の重さがつらかったという方は、従業員への健康指導などがおもになる産業看護師の仕事に転職して良かったという方も。
夜勤や残業が多い病棟の看護師より給与自体は減る可能性がありますが、ワークライフバランスの充実が図れるなら問題ないと考える人も多いです。

今後の働き方を見直すことを考えているなら、上記のような注目の職場へ転職を検討するのも一案。
ただし、これらの求人はまだまだレアなので、転職エージェントや看護師専門転職サイトなどに登録して個別の情報を提供してもらうと転職先を見つけやすいでしょう。

まとめ

今回は、看護師の年代別年収や職種別・役職別年収などを説明しつつ、看護師業界の現状や注目の新しい働き方などについてもご紹介しました。
看護師なら、仕事の大変さとお給料の兼ね合いを考えた経験が1度はあるでしょう。
もし現状とても割に合わないと感じているなら、転職を考える方法もあります。
新しい働き方も増えてきていますから、情報を多く集めて選択肢を増やしながらの転職活動をおこなってみてください。

5/17更新【西日本版】各支店がこの春オススメする派遣の求人を集めました!

5/13更新【関西エリア】夜勤専従の求人特集です!

5/13更新【関西エリア】クリニックの求人特集です!

5/13更新【関西エリア】病院派遣の求人特集です!

5/8更新【全国】神奈川県/千葉県/大阪府/兵庫県/愛知県の保育園の求人特集です!

5/8更新【全国】寮付きで勤務可能なバックアップナースの求人特集です!

4/4更新【東京都】2024年6月以降の開始枠で募集中!/港区の寮も完備! 都内で看護師として活躍できるチャンスです♪

3/25更新【東京エリア】日勤常勤クリニックの求人特集です!

3/25更新【東京都】訪問看護の求人特集です!

3/25更新【東京都】おすすめの企業看護師求人を集めました!

3/19更新【東京都】順天堂医院の求人特集です。ブランクがある方もスキルを高めたい方にもオススメです★

3/14更新【全国】派遣×転職!紹介予定派遣の求人を集めました。

3/14更新【東京23区】夜勤専従の求人特集です!

2/7更新【京都】オススメ病院求人特集!

11/2更新【兵庫】通勤◎働きやさ◎神戸の求人特集です!

離島ならではの医療が学べる。隠岐の病院求人特集

東京コーディネーターおすすめの外来求人5選! 口コミや特徴など掲載しています!

【ナースサポート】看護師さんのための新しい転職支援サービスです!

【バックアップナース】って何?!にお答えするスーパーナースが展開する「バックアップナース」というサービスについての特集です!

【プライベート看護】スーパーナースが提供する「自費の訪問看護」という働き方に関する特集です!

お気軽にお問合せください!

スーパーナースは全国の看護師求人案件を取り扱っています。