マイページ

手話通訳士の特徴

手話通訳士になるには?

手話通訳士になるには、3年以上の手話の経験があり、20歳以上であれば受験資格が得られます。試験対策としては、日本手話通訳士協会のしている各種教材が最適です。
協会では研修や講演会なども実施しているようなので、参加することで試験対策となるでしょう。
試験は、学科試験と実技試験の2段階にわかれており、試験の結果により次回再チャレンジする場合二次試験は免除される場合があります。難易度は決して低くないので事前の準備は念入りに行う必要があります。

手話通訳士の特徴

手話通訳士の仕事として、先ほどもあげましたが、選挙や講演会など公的機関が主催するものでの手話通訳士を見かけることが多いのではないでしょうか?その他、手話通訳士の活躍の場は多くあります。通訳だけでなく、聴覚障害者の悩みの相談や指導を行うこともありますし、ボランティアで手話を行う必要がある人たちに対してのノウハウの提供を行うこともあります。必ずすも看護師に役立つ資格ではないかもしれませんが、状況や環境によっても考えられるひつとうの資格ではないでしょうか?

【東京都】人気の美容クリニックの求人特集です!

【東京都】訪問看護の求人特集です!

【千葉県】病院・医療機関の求人特集です!

【東京都】憧れの大学病院の求人を集めました!

【東京都】おすすめの企業看護師求人を集めました!

【プライベート看護】スーパーナースが提供する「自費の訪問看護」という働き方に関する特集です!

【看護師の方向け】OSAKA求職者支援コンソーシアム特集!大阪府ではコロナ禍における民間事業者と共同し求職者が早期就職と職場定着を目的とした支援を行っています。

お気軽にお問合せください!

スーパーナースは全国の看護師求人案件を取り扱っています。