マイページ

看護師の転職は在職中がいい?在職中に転職活動する利点とは

ほぼすべての看護師さんが「転職したい」と思い始めるタイミングは、「前職(現職)の在職中」になるかと思います。
しかし、転職活動を始める時期については、人それぞれ事情や考え方があって在職中の場合と、退職後になる場合があるでしょう。

この記事では、看護師が転職活動を始めるタイミングは在職中が良いのか、そして在職中に転職活動をするとどのようなメリットがあるのかなどについて、ご紹介します。

看護師が在職中から転職活動をすることのメリット・デメリット

「看護師の転職活動は在職中から行ったほうが良い」と先輩や同僚から聞いたことのある方もいるでしょう。
本当に在職中の看護師の転職活動には、多くのメリットがあるのでしょうか。

ここでは、看護師が在職中から転職活動をすることのメリット・デメリットをご紹介します。

メリット1.心理的に落ち着いて転職活動ができる

まだ今の職場を辞めずに続けるという選択肢が残された状態のため、焦らずじっくりとさまざまな職場やその勤務条件を比較検討し、転職活動ができます。

メリット2.応募先に好感を持ってもらえる場合がある

短いとはいえ、辞めてブランクを作って平気でいるよりは前の仕事を最後まできっちりやり遂げてから転職しようという意思が見えることで、職場によっては好感を持ってもらえます。

もし「辞めてから少し休む期間が欲しい」という場合は、在職中の転職活動で内定を取った上で入職日を決めてから、退職日を早めの日程で決めるなどすると融通が利く場合があります。

3.年金・健康保険・雇用保険の手続きが不要になる

辞めた後に無職期間があると、無収入となることのほかに年金・健康保険の入れ替えや雇用保険の手続きが必要になります。

これらは意外に手間のかかる作業ですが、退職→すぐに就職という流れになればそれらの手続きが不要になります。

デメリット1.現職が忙しいと、転職活動のペースが落ちてしまう

看護師のお仕事は基本的に多忙ですから、丸一日働いてから求人を探し、応募して……となるとなかなか余裕を持った時間を取れません。

じっくり転職活動したいという方なら良いのですが、スピード重視の方は転職エージェントに相談するなど、手間を省いて転職成功に近づける方法を模索してみましょう。

看護師が在職中に転職活動する際の流れ

在職中の転職活動は、退職後の場合とは手順が異なります。

在職中に転職先を決めたい場合は、どのような流れで転職活動を進めると良いのでしょうか。

1.転職活動をすると決め、求人を探す

ご自身に合った求人を探すことから転職活動は始まりますが、在職中の方は現職が忙しい場合も。

もし求人探しの手間を減らしたいなら、転職エージェントに登録するのがおすすめです。
余裕を持ち、希望転職時期の3か月前には登録しておくと良いでしょう

2.条件に合った求人に応募し、場合によっては有休消化を始める

転職エージェントから希望に合った求人を提案してもらったら、履歴書や職務経歴書を準備して応募しましょう。
希望転職時期の2か月前ころから始めておくと慌てません。

転職までに有休を少しずつ使いたい場合は、この頃から消化を始めると良いでしょう。

3.実際に採用試験を受験し、内定を取ったら退職届を出す

面接などを経て、転職先の内定を取る時期は退職の1か月前頃がベストでしょう。
なぜなら、退職届を提出する時期は退職日の2週間前までとなっているからです。

引継ぎなどを余裕を持って行うためにも、退職届を退職1か月前までには出せるよう、それまでに内定を取りたいところです。

4.現職の業務の引継ぎを始める

内定が出て、退職届を提出できたら業務の引継ぎを始めましょう。
ご自身の業務をしっかり引き継ぐには、1か月ほどは期間を取れるのが理想的です。

5.転職先への書類準備・提出、健康診断の受診など

退職届が受理されたら、引継ぎをしながら転職先との手続きも行う必要があります。
入職に際しての必要書類を準備し、転職先からの指示があれば健康診断も受けておきましょう。

こちらも期間に余裕をとり、退職日の半月ほど前にはこれらの準備を始めておくと良いでしょう。

6.退職する日に行うこと

退職日には、関わったさまざまな部署へ挨拶回りをすることや貸与品の返却、そして退職に関する手続きを行わなければなりません。
円満退職をして、晴れ晴れと新たな職場に向かいましょう。

→ 転職を考えている看護師さん必見!在職中の履歴書の書き方とは

まとめ

この記事では、在職中に転職活動をするメリット・デメリット、在職中の転職活動のおもな流れなどをご紹介しました。

時間的・金銭的余裕があるなら、退職後に集中して職場探しをすることもとりわけ不利になることはないと思われます。
しかし、ブランクを作らず希望の職場へスムーズに転職を決めたいのであれば、在職中のうちから次の職場を探したほうが心理的に安心感があるでしょう。

退職してから慌てて転職活動をすると、なかなか内定が取れなかったときブランクが開くことで不安になったり、応募先に「円満に退職できなかったのでは」と思われたりする可能性もあります。

転職成功への道は周到な準備が肝心ですから、辞める前にしっかり計画を立てて実行するのがおすすめ。
1人で仕事と転職活動を両立させることに不安があれば、転職エージェントに手伝ってもらいましょう。

【東京都】人気の美容クリニックの求人特集です!

【東京都】訪問看護の求人特集です!

【千葉県】病院・医療機関の求人特集です!

【東京都】憧れの大学病院の求人を集めました!

【東京都】おすすめの企業看護師求人を集めました!

【プライベート看護】スーパーナースが提供する「自費の訪問看護」という働き方に関する特集です!

【看護師の方向け】OSAKA求職者支援コンソーシアム特集!大阪府ではコロナ禍における民間事業者と共同し求職者が早期就職と職場定着を目的とした支援を行っています。

お気軽にお問合せください!

スーパーナースは全国の看護師求人案件を取り扱っています。