マイページ

【例文付き】看護師の志望動機の書き方!履歴書の添削にも使える!

看護師の志望動機を書くための3ステップを解説します。

職種・働き方別の例文集も紹介します。
目的に合わせたあなたらしい志望動機を書くための参考にしてください。

この記事を見れば、今あなたが書いている志望動機の添削にも使えますので、ぜひご活用ください。

目次

1.志望動機は、履歴書の中で最も重要な項目のひとつ

志望動機は看護師さんの仕事に対する姿勢やモチベーション、志望度の高さを図る物差しとなっています。

言い換えれば、入社後に長く働いてくれる看護師さんかどうかを判断するために非常に重要です。

ここがぼんやりしていると、採用担当者に不安を与えてしまう可能性がありますので、なぜその就業先を志望しているのかを、具体的かつわかりやすく書くよう心がけてください。

そしてもうひとつ、志望動機は「あなたがこれまでの経験、強みを活かし、新しい職場でどう貢献ができるか、なぜ貢献できるか」を問われています。

すなわち志望動機を通じて「自分が採用に足る人材」であることをアピールする必要があるということです。
採用担当者があなたに期待する役割と、あなた自身が新しい職場で実現したいキャリアパスが同一線上にあるということが伝わるように書きましょう。

そして、最後のセルフチェックも忘れずに。

もし自分が採用担当者なら……と仮定の上、自分の書いた志望動機を見直して「この人なら採用」と思えるかどうかも確認してみましょう。

それでは次の項目からは、具体的な志望動機の書き方を紹介します。

「志望動機ははっきりしているけれど、それだけに採用担当者の心を掴む書き方が思い浮かばない」とお悩みであれば、ぜひ参考にしてみてください。

2.【3ステップ】志望動機を書く時の基本の型

志望動機を書く場合、以下の3ステップの順番で構成すると、より分かりやすくかつ採用担当者に伝わりやすい文章を書けるようになります。

STEP1

どんな「経験」を積み、そこからどんな「思いや考え」を持つようになったのか

STEP2

自分の考えに沿った、病院・法人の「魅力や特徴」は何か

STEP3

志望する病院・法人で、どんな「経験や強み」を生かせるか/どんな「仕事や働き方」をしたいのか
それぞれ具体例を交えてわかりやすく解説します。

STEP1どんな「経験」を積み、そこからどんな「思いや考え」を持つようになったのか

まずは自己の経験の「棚卸し」が重要です。
「経験」とひとことに言っても多岐にわたります。

自身の「強み」や「市場価値」にもつながる大事な作業になりますので、できるだけ丁寧に行いましょう。

その際には以下の内容をポイントとします。

どんな診療科で経験したか?
「消化器内科」「脳外科」など
どんな領域の看護を経験したか?
「急性期看護」「がん看護」など
どんなポジションで活躍したか?
「プリセプター」「リーダー」「アソシエーター」「管理職」など
どんな業務を遂行してきたか?
「係」「委員会」「業務改善」など
どんな疾患/どんな患者の対応をしてきましたか?
身体的・精神的・社会的ケアなど
どんなケアや技術を習得してきましたか?
得意なケア、看護技術(スキル)など 傾聴などのコミュニケーションスキルなども含む
どんな資格をお持ちですか?
「認定看護師」「専門看護師」「ICLS」「ケアマネージャー」「呼吸療法認定師」など

 

なるべくたくさん書き出してみましょう。

数が多いほど、自身の経歴を知るヒントになります。
あまり思つかない時には、周囲の同僚に聞いてみるのも手です。

何も特別なことでなくていいのです。日々積み重ねてきた、達成してきたことが必ずあるはあるはずです。

そこからどんな「思いや考え」を持つようになったのか、つなげて考えてみましょう。

以下のようにつなげ方もポイントになります。

「これまでの経験」と「思いや考え」がつながっていないと、説得力がない志望動機になてしまいます。
不自然にならないようつないでみましょう。

さらに局所的な領域を深めたい
急性期病棟にいたがさらに救急対応を学びたいため救命救急センターで勤務したいと考えるようになった。
幅広い領域を経験したい
OP室にいたが周術期における過程の看護に興味を持つようになった。
全く違った領域にチャレンジしたい
ICUで勤務し様々な疾患や病態の看護をおこなううちに、退院後どのような治療や看護の継続が必要になるのか興味もつようになり、地域看護(訪問看護)をやりたいと考えた。

 

いかなる流れの転職でも「やりたい」「憧れ」だけでは不十分です。
何の根拠もなくただ意欲だけ伝えても「この人を採用して任せたい」という気持ちは起きません。

これまでの経験からどのように考えたのか、その部分をアピールしましょう。

STEP2自分の考えに沿った、病院・法人の「魅力や特徴」は何か

自身の「思いや考え」がまとまったら、改めてその延長線上で、希望する病院や法人のどの特徴に魅力を感じているのか考えてみましょう。
魅力と感じる部分を深めるには、最低限の情報として

  • 「どのような理念の病院・法人なのか」
  • 「規模(病床数など)はどのくらいなのか」
  • 「どの領域で特化しているのか」
  • 「看護体制や看護部の紹介内容」

などが必要となります。

情報を集めたら、その情報の中で自身がどこに魅力を感じているのかその特徴をピックアップしていきます。

例えば

貴院はがん診療に特化しており、診断から治療終了後まで様々な段階にある患者様の看護を行うチャンスがあることに魅力を感じました。

といったようにピックアップした特徴を文章にして整理しましょう。

前述しましたが、具体的に挙げた「魅力や特徴」が自身の「思いや考え」と内容がつながっているか必ず確認し、整理しましょう。

ここの繋がりがないと説得力が欠けてしまいます。全体的な文章の流れを見ることも重要です。

STEP3志望する病院・法人で、どんな「経験や強み」を生かせるか/どんな「仕事や働き方」をしたいのか

ここまででどんな「魅力や特徴」に興味を持ったのかまで整理ができましたね。

次はその看護を行う上で、自身のこれまで得てきた「経験や強み」をどのように活かしていきたいかアピールします。

さらにその「経験や強み」を生かしてどのような「仕事や働き方」をしていきたいと考えているかまで、意欲的かつ客観的につなげていきましょう。

ポイントは自身の経験やスキル全てを伝えようとするのではなく、その領域の看護を遂行する上で必要な経験やスキルにスポットを当ててアピールすることです。

イチから全部伝えるわけではなく、その看護の内容にあったものを厳選して伝えることであなたの強みが引き立ちます。

例えば

私は今までどんな状況にある患者さんやご家族とも真摯にコミュニケーションを取ろうと努めてきました。コミュニケーションはケアする上で重要なスキルと捉えています。貴院でもこの経験を生かして、寄り添ったコミュニケーションをしていきたいと考えています。

このように派手なことは書いていない内容であっても良いのです。
必ずしも華やかなスキルや経験がある必要はありません。

自己の看護観もにじませながら、正直に誠実に表現しましょう。

今まで未経験の領域の看護であっても通用する経験やスキルは必ずあります。

また、企業など全く違う業種にチャレンジする場合であっても新しい発想でスキルを活かせるということもあるはずです。

基本の型を理解したところで、「実際どんな感じで書けばいいのか」をイメージしやすくするために、志望動機の例文を紹介します。ぜひ参考にしてください。

お気軽にお問合せください!

スーパーナースは全国の看護師求人案件を取り扱っています。

お仕事相談はこちらから

転職相談に申し込む

3.志望動機の例文【職種・働き方別】

ここでは病院の特徴や働き方のスタイルに応じた具体的な志望動機の書き方例を紹介します。

みなさまがめざしている働き方を照らし合わせながら志望動機を考える際のご参考にしてください。

個人経営のクリニックに転職する場合の志望動機例

専門外来での業務を長年続けており、一般外来での経験があまりなかった点が前職での心残りでした。
もっとも多くの看護師が働き、そしてもっとも多くの看護師を必要としているのは、やはり一般外来の現場でしょう。
自分にはもっとさまざまな層の患者さんが来院する病院での経験が必要で、どのような状況にも落ち着いて対処できるスキルを身に着けるべきだと、常々考えを巡らせていました。
一般外来診療を幅広く実施している貴院なら、今まで以上のやりがいを感じて働けると確信し、志望に至った次第です。

クリニックへ転職する際の志望動機の考え方・書き方は、以下のコラムでもくわしく紹介しています。

看護師さん必見!
クリニックへ転職する際の志望動機とは

小児科のクリニックや病棟に転職する場合の志望動機例

前職の総合病院内科では隣に小児科の現場があり、小児科の看護師が生き生きと業務にあたる姿を常々見ていました。
子供が好きなことだけでは務まらないとは承知しつつも、自身の「子供好きである」という特性を積極的に生かし、小児科へ移って仕事をしたいと考えるようになりました。
貴院では、子供たちに病気・けがの予防を楽しく教えることや、不安や辛さを感じている子供たちに前向きになってもらえる看護を実践したいです。
また子供たちと接しながら、自身の看護スキルもさらに向上させていきたいと思っています。

小児科へ転職する際の志望動機の考え方・書き方は、以下のコラムでもくわしく紹介しています。

看護師さん必見!
小児科へ転職する際の志望動機とは

研修・キャリアアップ制度が充実した病院へ転職する場合の志望動機例

前職を通じて日々の業務はしっかりこなせるようになりましたが、看護師としてまだまだ身につけるべき知識・技能が数多くあるとかねて考えていました。
また、以前から専門分野で看護師として活躍したいという意向があったため、新たな学びを得られる場に移りたいという思いも強くあります。
自身で学ぶことも今まで通り継続しつつ、研修やセミナーの制度が整っている貴院で学びの場へ積極的に参加し、ハイレベルな現場や業務における戦力となり最大限に貢献したいと思っています。

キャリアアップ転職をしたい場合の志望動機の考え方・書き方は、以下のコラムでも紹介しています。

看護師のキャリアアップ・スキルアップ
転職の志望動機とおすすめの資格10選

フルタイムからパートや時短勤務の現場へ転職する場合の志望動機例

長くフルタイムで看護師として勤務しましたが、いよいよ育児と親族の介護を並行する状況となり、家事との両立が困難になりました。
育児の期間はあと2年ですが、介護は何年先までか目処が付かず、やむなく転職を考えるに至った次第です。
その点、貴院では予約診療が中心と伺っていますので、パート勤務の形でなら一切ご迷惑をかけることなく、家事との両立を図れると考えています。
育児が落ち着く2年後には、もう少し長時間での勤務も視野に入れ、これまでの経験を活かし貴院でも末永くお世話になりたいと思っております。

パート・アルバイト看護師として転職する際の志望動機の考え方・書き方は、以下のコラムでも紹介しています。

看護師のアルバイトの志望動機は?
採用されやすくなる例文を紹介

美容外科・美容皮膚科・審美歯科など美容系クリニックへ転職する場合の志望動機例

治療や回復を前提とした看護師業務をしてきましたが、今後は患者さんの暮らしや生き方をより良いものにできる美容医療にかかわりたいと考えるようになりました。
患者さんのデリケートなお悩みにも親身に寄り添い、医師とともに効果的で安全な解決策を提案できる、思いやりのある看護師でありたいと考えています。
また、美容医療の世界では独自の知識や技能、そして患者さんとの高いコミュニケーションスキルが求められると伺っております。
いつまでも熱心に勉強を続け、多くの患者さんに喜んでいただくとともに、貴院に貢献したいと思っています。

美容系クリニックへ転職する際の志望動機の考え方・書き方は、以下のコラムでも紹介しています。

看護師さん必見!
仕事内容・働くメリットについてご紹介!

ICU(集中治療室)志望の場合の志望動機例 ~ICUでの看護経験がある場合~

私は、大都市圏のICUで5年看護経験を積みました。
いつも患者さまの生命を最優先しながら看護にあたる日々の中、ここで培った経験や知識を地元の医療に活かすことができないかと考えるようになりました。
そこでIターンによる地元病院へお転職を考え、貴院のお名前が真っ先に頭に浮かびました。
地域医療の先導役として最新の設備と態勢で患者さまの生命を守る貴院のICUで活躍させていただくことで、地域社会にも末永く貢献したいと思っています。

ICUへ転職する際の志望動機の考え方・書き方は、以下のコラムでも紹介しています。

看護師さん必見!
ICU(集中治療室)へ転職する際の志望動機とは

ICU(集中治療室)志望の場合の志望動機例 ~ICU未経験で転職を志望する場合~

これまでは、○○病院の病棟で3年間勤務しました。
その中でもっとも関心を持ち喜ばしさを感じてきたのは、手術や救命医療を終えた後の患者さまの看護です。
回復していく患者さまの生命力に感銘を受けつつ、自身も相応しい知識やスキルを身につけて今度は手術や救命医療の現場で看護にあたりたいと考えるようになりました。
まだ若手と呼ばれる経験年数なので、ぜひ教育体制の整った貴院で看護業務にあたりながら命を救うための医療も学ばせていただきたく思っております。
さらなるスキルと経験を身につけ、今後は中堅・ベテランと呼ばれるまで長く貴院で活躍できるよう精進してまいりたい所存です。

ICUへ転職する際の志望動機の考え方・書き方は、以下のコラムでも紹介しています。

看護師さん必見!
クリニックへ転職する際の志望動機とは

転職の回数が多い場合の志望動機例

私は前職まで、計5つの病院で12年間働いてきました。
その間に多くの診療科を経験したので、それぞれの科の性質や特徴を知り、柔軟に対応できるスキルを身につけられました。
この豊富な経験が、今では自分の財産となっていると考えています。
今後もこれまでの経験を活かして、これから出会うさまざまな患者さんに接していきたいです。
その上で、さらに新たな経験や技能を身につける意欲を失わず、医療の世界のアップデートに対応・貢献したいと思っています。
貴院は多くの外来患者さんが来院され、多くの症例に対応されていると伺っております。こちらでこそ自身の経験が生きると思い、志望いたしました。

転職回数が多い看護師さんの志望動機の考え方・書き方は、以下のコラムでも紹介しています。

看護師の転職平均回数は?
転職回数が多い看護師が転職を成功させるには

子育てなどでブランクがある場合の志望動機例

私は看護師として6年にわたって勤務しましたが、結婚して出産・育児に専念するため看護師を一旦退職しました。
その間は専業主婦として7年ほど家事に尽力するなかで、長男の小学校入学を機に看護師として復職したいと強く思うようになりました。
貴院では、ブランクのある看護師もスムーズに現場復帰できるよう、復職支援のための教育制度を充実させていると伺っています。
私もそれらの制度を積極的に活用し、早期に一人前の戦力として貴院に貢献したいと思い、今回志望いたしました次第です。
もちろん教育制度の利用だけに頼らず、自身の努力も怠ることなく現代医療にいち早く対応し、さらに新たな知識やスキルを身につけたいと考えております。

ブランクのある看護師さんの志望動機の考え方・書き方は、以下のコラムでも紹介しています。

ブランク・空白期間があると転職は難しい?
復職にぴったりの看護師求人とは!

4.志望動機の書き方のポイント&NG例

ここでは、病院の特徴や働き方のスタイルに応じた、具体的な志望動機の書き方例をご紹介します。
みなさまがめざしている働き方を照らし合わせながら、志望動機を考える際のご参考にしてください。

事前調査・分析

ご自身の志望動機を考える前に、いくつか調べたり確認すべきことがあります。

応募したい職場には、どのような特徴があるか調べておく
応募先の病院についてしっかり調べ、病院の理念やめざす医療の形などを把握しておきましょう。

病院のホームページなどに、それらの情報は記載されている場合がほとんどです。

病院自体の雰囲気をあらかじめ知っておきたいのであれば、事前にご自身で病院見学を申し込んでみる方法も一案です。

病院見学の申し込み方法は、こちらで詳しく解説していますのでぜひご覧ください。
看護師転職者の病院見学?
申込方法や服装や見学の目的などをご紹介

どのような人材が求められているかを押さえておく
求人情報や求人票をよく確認し、募集職種だけでなくどんな人材を募っているかをある程度想定しましょう。

特定の分野に強いスペシャリストを求めているのか、臨機応変に気配りのできるマルチタスク型の看護師さんに来てもらいたいのかでは、応募時の対策も変わってきます。

自身が応募先の募集要項に見合ったスキルや価値があるか推し量っておく
看護師の転職市場で、自分にどのくらい価値があるかを想像・予測しましょう。

価値と言われるとちょっと、「応募する職場が今の自分の能力と経験として身の丈に合っているか」ということです。

応募先が求めるスキルや力量が明らかにご自身に不足していれば、応募しても求める人材とはみなしてもらえません。

厳しいようですが転職市場でのご自身の価値をある程度見極め、それに見合った職場を選ぶことも意識して応募先を選定しましょう。

言い回しに気を付け、自分の言葉で書く

実際に志望動機を書く時は、言葉の言い回しに気をつけ、自分の言葉で自分らしく書くことが重要です。

ネガティブ理由での転職と感じさせない「言い換え方」が大事!
「前職の待遇に不満があった」「前職の人間関係が悪く、環境を変えたい」などの動機で転職する人は、決して少なくありません。

応募先の採用担当者も、その点はある程度想定できているはずです。

しかし、それをストレートに伝えるよりは、可能な限り前向きさを感じさせる言い換えをすることで、より好印象を与えられるでしょう。

【転職理由の言い換え方の例】

待遇面での不満
もっとハイレベルな現場で、自分の力を発揮したい
人間関係の問題
貴院はチームワークが良い職場と伺っているので、周囲と協力することで自身のスキルや長所を生かし貢献したい
「長く勤めること」を前提に動機を整理しよう
採用担当者としては、せっかく新戦力を採用するのであれば可能な限り長く働いてほしいと考えています。

キャリアアップを意識するあまり、「キャリアステップの一環として転職を」などの動機を伝えてしまうと「長く働いてくれないのでは」と思われてしまうかも。

「転職後はできるだけ長く働きたい」「可能なら定年まで勤めあげたい」など、長期にわたって仕事をしたいという意思をはっきりさせることで採用に近づける可能性も高まります。

典型的な5つのNGパターン

ここでは反面教師的な意味合いで、志望動機として「NG」にされてしまいがちな典型例についてもご紹介します。

文章がわかりにくい
いくら志望度が高く熱意があっても、採用担当者に伝わらなければ意味がありません。
志望動機がわかりにくいと、単に伝わらないだけでなくビジネススキルとして最も大切なコミュニケーション能力の不足を疑われる恐れもあります。

テキスト化した志望動機がわかりにくいのは、頭の中がきちんと整理できていないということです。

実際に面接で志望動機を口頭で伝える際も、同様に伝わらない可能性があるでしょう。

いったん志望動機が書けたら自分で読み返して、わかりにくくないかチェックしてみてください。

また家族や知り合い等に読んでもらい、客観的な意見をもらってもよいでしょう。

内容が薄い・抽象的
たとえば「貴院の理念に深く共感」「将来性に惹かれて」といった抽象的でぼんやりした志望動機はリアリティに欠けます。
そのためかえって採用担当者の目には内容の薄さだけが映る可能性があります。

理念に共感したのであれば、具体的に理念のどの部分に、なぜ共感したのかを掘り下げることが重要です。

またそれはあなたが仕事をする上でどのようにリンクするのかにも必ず触れましょう。

志望動機の内容が待遇・福利厚生だけ
「給与が良い」「休みが多い」「残業が少ない」「研修・教育制度」「福利厚生の充実」等の待遇・福利厚生は、転職する上で非常に重要かつ志望理由の本音の部分でもあります。

ただし志望動機でそれを前面に押し出すと、仕事に対する熱意やスタンスを疑問視されてしまうリスクがあります。

つまり、もっと待遇のいい職場があればすぐにまた転職してしまうという印象を与えかねません。

志望動機では、あくまでも事業や仕事内容に照らして書くほうがベターです。

自慢・上から目線と思われかねない主張
志望動機は、自分のこれまでの経験や実績、そして将来的な貢献についてアピールする絶好の機会ではあります。

しかしそれが行き過ぎると傲慢で上から目線にも受け取られず、あくの強い印象を与えてしまいます。

しっかり自分をアピールしつつも、謙虚な姿勢を忘れずに。

自己成長だけが目的
応募先の病院や施設にもよりますが、「自分自身が成長できる環境」であることを志望動機として前面に出すことはあまりおすすめしません。

もちろん成長意欲が高いことは大切であり、ポジティブなことですが、採用担当者が求めているのは「成長意欲の高い看護師」ではなく「その病院や医療施設の成長に貢献できる看護師」です。

もし書くなら、自己の具体的な成長を通じて、応募先にどう貢献できるのかをアピールしましょう。

上記の5つのいずれかに当てはまる場合、本来アピールポイントである志望動機が、逆にマイナスポイントになってしまうかもしれません。

もしあなたが過去に書類選考で落とされた経験がある場合、それは志望動機に問題があった可能性もありますので、上記を踏まえてチェックしてみてください。

5.さいごに

志望動機は、自分の仕事に対するスタンスや想い、考え方を採用担当者に伝えることができる重要な項目です。

とってつけたような表面的な志望動機はかえってマイナスの印象を与えてしまいますが、きちんと真意が伝われば、自分自身を大きくアピールすることにつながります。

採用担当者が応募者の志望動機の中で必ず見るポイントは「どうしてその就業先への転職を考えたか」や「その就業先でどんな看護師になりたいか(業務を行いたいか)」などでしょう。

応募先の具体的な特徴をよく知り、ご自身がそれに合った看護師として活躍したいという内容は、志望動機に必須ともいえます。

今一度、新しい職場で自分が実現したいことを整理した上で、面接の場で採用担当者にその思いが伝わるよう工夫しましょう。

お気軽にお問合せください!

スーパーナースは全国の看護師求人案件を取り扱っています。

お仕事相談はこちらから

転職相談に申し込む

ライティング・監修
株式会社スーパーナース 看護業務部 在籍看護師

【東京都】人気の美容クリニックの求人特集です!

【東京都】訪問看護の求人特集です!

【千葉県】病院・医療機関の求人特集です!

【東京都】憧れの大学病院の求人を集めました!

【東京都】おすすめの企業看護師求人を集めました!

【プライベート看護】スーパーナースが提供する「自費の訪問看護」という働き方に関する特集です!

【看護師の方向け】OSAKA求職者支援コンソーシアム特集!大阪府ではコロナ禍における民間事業者と共同し求職者が早期就職と職場定着を目的とした支援を行っています。

お気軽にお問合せください!

スーパーナースは全国の看護師求人案件を取り扱っています。