麻酔科の看護師の
具体的なお仕事内容

「麻酔科」といえば、みなさんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?外科や内科と違って、あまり知名度は高くないかもしれません。しかし、麻酔をかけるということは、呼吸・循環管理、内分泌代謝系内科、臨床薬理学などの知識を統合した集中全身管理を行うことを指すので、かなり高度な知識と技術を要求されます。このページでは、麻酔科で働く看護師の具体的なお仕事内容、実際に麻酔科で働く看護師さんの声などをご紹介します。

麻酔科のお仕事

麻酔なしに手術をした場合、健康なヒトですら痛みのために手術に耐えることができないといわれています。手術の侵襲(ストレス)は命を脅かすほど強いものです。そのため、麻酔科では、手術ストレスから患者を守り、安全な手術を提供することにあります。

麻酔科では、手術を受ける患者様の術前評価を行い、手術を受けられる状態にあるかどうかを確認します。手術中は、患者様の傍で、血圧、心電図、体温、呼吸の状態などを管理しています。そして、点滴や、出血に対する輸血、心臓の動きを良くする薬、血圧を上げる薬などの投与を行い、人工呼吸なども行っています。

 麻酔科で働く看護師の声

ペインクリニックで働いている者です。ペインクリニックは、痛みを伴う症状全般を扱うので、頭痛や肩こりから頸椎椎間板ヘルニアや網膜血管閉塞症まで、いろいろな患者さんの対応をします。みなさん、長い間痛みに耐えかねてこのクリニックにいらっしゃっているので、そういう意味で精神面のケアもかかせませんね。

また、ペインクリニックというと、とても痛い治療が施されると考えている方々がたくさんいらっしゃいます。確かにペインクリニックでよく行われる神経ブロックは、局所麻酔薬を用い、痛みを感じる部分の神経の近くに注射をします。このように説明すると大変な治療と思われるかもしれませんが、思った以上の痛みを感じなかったとおっしゃる患者さんが大半です。そのこともちゃんと患者さんに伝えるのも大切なお仕事ですね。

この仕事をやっていてよかったと思うことは、患者さんの症状がみるみるよくなることがちゃんとわかり、患者さん自身もそのことを実感して笑顔になるところを見ることができることです。やはり患者さんの容態がよくなることを実感できることは、やる気の源につながります。

ペインクリニックと聞くと、一見つぶしが利かないマイナーな職場とイメージされるかもしれませんが、患者さんと触れ合う機会も多いし、なかなか見どころのある職場ですよ(^^)