マイページ

看護師に求められるコミュニケーションとは

ナースさんとして働くにあたって、求められる能力にはどんなものがあると思いますか?
 「あらゆる事態にスピーディな対処ができる」「医療行為が確実にできる」などの基本事項は、もちろん真っ先に思い浮かぶでしょう。
しかし、それと一緒に必ず思い浮かぶのが「患者さんの話をしっかり聞ける」「ナース同士で報告や連絡、相談などの意思疎通をしっかりできる」など、コミュニケーション面でのスキルではないでしょうか。
そこで今回は、看護師に求められるコミュニケーションスキルについてご紹介します。
患者さんとのコミュニケーション、そしてナース同士のコミュニケーションの両方が大事になる看護師業務。
つねに人と接する看護師業務は、高いコミュニケーション能力が求められる職業です。
いつも適切な意思疎通を図れるよう、日ごろからコミュニケーションを意識して仕事にあたりたいですね。

看護師に求められるコミュニケーション術の具体例とは?

ナースさんが業務の現場において、コミュニケーションを綿密に取るべき理由でもっとも重要とされるのは「事故や不測の事態を防ぐ」ことです。
コミュニケーション不備の発生が遠因となり、最終的に医療ミスや事故などにつながることは避けなければなりません。
ここでは、ナースさんのコミュニケーションのポイントを「患者さんとの会話」、「ナース同士の会話」の2つに分けてご紹介します。

1.患者さんとのコミュニケーションのポイント

【まずはお話を全部聞こう】
コミュニケーションと言うと、自発的に話しかけることを先に考えがちですが「相手の話を聞く」ことも同じくらい大切です。
患者さんがナースさんに向けて話したいことがあるときや、話しかけてきたときにはしっかり最後までお話を聞いて相槌を打ってから、こちらの話を始めるようにしましょう。

【敬語など、基本のマナーは欠かさずに】
患者さんとの信頼関係を作ろうと、できるだけ親しく話しかけようとするナースさんもいるかもしれません。
しかし、患者さんの価値観はさまざまです。基本的には失礼に当たらないよう、敬語や身だしなみなどのコミュニケーションマナーをしっかり守って患者さんと接することから始めましょう。

【表情や態度などの「非言語的コミュニケーション」が意外に重要】
コミュニケーション=会話と思いがちですが、身振りや行動などの「非言語的コミュニケーション」も大切です。
会話ができないときでも、患者さんと顔を合わせるたびに笑顔で接していれば「信頼できそうなナースさん」と、患者さんが歩み寄りやすい印象を与えられるでしょう。
また、重症の患者さんとコミュニケーションを取るのは難しいと考えるナースさんも多いでしょう。しかし、話しかける余地がないときも、ただ近くで寄り添うだけで十分こちらの意思は伝わることがあります。

2.ナース同士のコミュニケーションのポイント

【仕事を頼まれたときは「できる範囲」を明示して回答】
ナース同士で、仕事を他の誰かに替わってもらう機会は少なくないもの。
もし先輩や同僚から仕事を依頼されたときには、自身の習熟度や技能レベルに沿った「可能な範囲」をしっかり伝えて「ここまでなら引き受ける」と伝えましょう。
意欲的に取り組むのは良いことですが、自分のレベル以上のことを安請け合いしてしまうとミスにつながる可能性も。

【意見や助言は一方的にしない】
他のナースさんや後輩を見ていて、ひとこと助言や意見を述べたいときもあるでしょう。
「しかし、自分の考え方ややり方がすべてのナースに当てはまるとは限りません。
「こうしたほうがいい」と思っても、あくまで主観であると割り切ったほうがよいでしょう。押し付ける言い方はせず、「提案して意見を求める」形で伝えるのが得策です。

【先輩や上司からの厳しいひとことには?】
ときには、先輩・上司からの厳しい指導を受ける機会もあるのがナースの仕事。
もしきつい言い方で指導されたときにも、「態度が厳しかった」「顔がこわかった」など感情面での記憶を先行させず、指導内容自体を素直に聴き入れられるよう努めましょう。

【連絡・伝言のミスを防ぐには?】
こちらの言ったことや相手から言われたことが正しく伝わらないと、インシデントの原因になりかねません。
ナース間で連絡や伝言をする際には「必ず聞いた側が復唱して確認する」ことや、「こちらの都合で相手の話を終わらせず、最後まで聞いてから対応する」など、正確で漏れのない意思疎通を常時心掛けましょう。

まとめ

今回は、看護師に必要といわれるコミュニケーション能力について、具体的に実務レベルで心がけたい取り組みをご紹介しました。
院内での良好なコミュニケーションは働きやすさや環境改善につながるだけでなく、医療ミスを防ぎ確実な業務を実行することにも直結します。
院内コミュニケーションは奥が深く、言ってみればゴールのない世界。
正直あまり得意分野ではないというナースさんもいるでしょうが、まずはすぐ実行できることから実際にやってみましょう。
できるだけ「よく話を聞くこと」と「正しく明確に伝える」ことを意識するだけでも、プラスの変化が期待できるはずです。

【東京都】人気の美容クリニックの求人特集です!

【東京都】訪問看護の求人特集です!

【千葉県】病院・医療機関の求人特集です!

【東京都】憧れの大学病院の求人を集めました!

【東京都】おすすめの企業看護師求人を集めました!

【プライベート看護】スーパーナースが提供する「自費の訪問看護」という働き方に関する特集です!

【看護師の方向け】OSAKA求職者支援コンソーシアム特集!大阪府ではコロナ禍における民間事業者と共同し求職者が早期就職と職場定着を目的とした支援を行っています。

お気軽にお問合せください!

スーパーナースは全国の看護師求人案件を取り扱っています。