マイページ

夜勤のみ(夜勤専従)のお仕事の特徴

「夜勤のみ」(夜勤専従)お仕事の特徴

看護師の仕事で夜勤を避けたい方は多い反面、夜勤専従として勤務したい方は意外と多く、求人の数に対して非常にニーズの高い働き方といえます。
なぜニーズが高いのか?それにはいくつかの理由が考えられます。まず、給与が高い、夜勤手当が付くと都内のお仕事では1回あたり3万円という日勤では考えられないくらい高い給与のお仕事も少なくありません。
また、夜勤のお仕事は拘束時間が長いため、勤務日数は少なく、休日は多いという点も人気の理由です。

「夜勤のみ」(夜勤専従)お仕事のメリット・デメリット

夜勤専従の最大のメリットは、給与が高いことが考えられます。都内では、夜勤手当含めて2万円代後半から高いところで3万円代のものもあります。さらに、夜勤専従として迎え入れるために24時間託児所を完備しているところもありお子様がいても安心して働く事が出来る環境もあります。さらに、将来を見据えると夜勤の経験があると、夜勤も任せることができる人材を求めている病院等への転職の際のアピールポイントにもなります。逆にデメリットとしては、やはり生活のリズムを合わせづらくキツイ、体調を崩しやすいなどがあげられます。
これらのデメリットとメリットを比較し夜勤専従を選択肢に増やしてみてはいかがでしょうか。

「夜勤のみ」(夜勤専従)で働く看護師の声

私は、海外に留学したいという目標があったので、できるだけ短期間で留学資金を溜める必要があり高給与のお仕事を探していました。
日勤だけで高給与を目指せるお仕事はなかなかなく、あきらめかけていたところ、ネットで検索した求人サイトで夜勤専従のお仕事が目に飛び込んできたんです。
とても魅力的な給与額だったのですが、夜勤専従であることが気になり踏み込めなかったのですが、留学という夢を実現させるために思い切って夜勤専従で働いてみることにしました。すると元々夜型だった私には合っていたみたいで特に体調を崩すこともなく1年間勤務することができました。
夜勤明けのお休みなどは有意義に使えるので、留学情報を集めることもできたし、貯金も目標額を予定より早く達成できました。
夜勤の場合アフター5にショッピングや食事に行くことも無いので余計なお金を使わずに済んだも良かったです。

【プライベート看護】スーパーナースが提供する「自費の訪問看護」という働き方に関する特集です!

【看護師の方向け】OSAKA求職者支援コンソーシアム特集!大阪府ではコロナ禍における民間事業者と共同し求職者が早期就職と職場定着を目的とした支援を行っています。

【採用担当の方向け】<新型コロナウィルス>ワクチン接種に関するお仕事情報

【看護師の方向け】<新型コロナウィルス>ワクチン接種に関するお仕事情報

お気軽にお問合せください!

スーパーナースは全国の看護師求人案件を取り扱っています。