マイページ

採血お仕事の特徴

採血のワンポイントアドバイス

採血は、患者の状況を把握するために重要な医療行為ですが、苦手意識を持つ新人看護師も多いのではないでしょうか。苦手に感じてしまう要因としては、感染や針刺し事故の危険性、
苦痛な思いをして採血したにもかかわらず、検査結果が出ない場合があるなど、さまざまなプレッシャーによるものと考えられます。

血管が細い、血管が固い、深い、蛇行しているなど患者さんによって上手な採血のやり方も微妙に異なります。だからこそ一定の技術力も求められます。
器用、不器用など個人差があるのは仕方のないことですが、採血の基本さえしっかりマスターするなど、繰り返し練習するなど少しでも不安を和らげる努力も必要です。

打つべき血管を落ち着いて見つけて正面から針を刺す基本的なことですが、難しいですよね利な練習キットもあるので、繰り返し練習をして自信を持つ!これに尽きるのではないでしょうか。

採血の一般的な手順

1.被験者への説明
検査の目的や採血にかかる時間など、端的に分かりやすく説明します。
被験者が幼児の場合、大人、男性、女性などにより最適なコミュケーションは異なります。
ここで緊張してしまうと被験者も不信感から痛みを感じたり血管を探しにくくなってしまうので注意しましょう。

2.採血部を探す
静脈や動脈、血管の太さや堅さによって最適な方法は異なりますが、一般的には、利き腕以外を採血枕で乗せ安定させ
採血部の5センチほど上を駆血帯を巻き。血感を浮かび上がりやすくなる準備を行います。

3.採血部位の消毒
感染の原因を作らないように必ず消毒は行ってください。

4.採血部位の怒張
親指を中にして握り拳を作ってもらうことで血管は怒張します。

5.針の刺入
10~10度くらいの角度で採血針を固定し血管に刺入します。
ホルダーが動かないように注意し、採血管をほどよい時間間隔で差込みます。

6.採血の終了
採血部をアルコール消毒し綿で押さえ、採血針を抜きます。アルコール綿をテープでとめて10分程度はずさないよう
被験者へお伝えして完了。

以上が一般的な手順ですが、練習キットでの繰り返しの練習で自信を持ち、現場で経験を重ねて自信を確信に変えることで
苦手意識を払しょくして一日も早く採血業務を自分のものにしてくださいね。

【東京都】人気の美容クリニックの求人特集です!

【東京都】訪問看護の求人特集です!

【千葉県】病院・医療機関の求人特集です!

【東京都】憧れの大学病院の求人を集めました!

【東京都】おすすめの企業看護師求人を集めました!

【プライベート看護】スーパーナースが提供する「自費の訪問看護」という働き方に関する特集です!

【看護師の方向け】OSAKA求職者支援コンソーシアム特集!大阪府ではコロナ禍における民間事業者と共同し求職者が早期就職と職場定着を目的とした支援を行っています。

お気軽にお問合せください!

スーパーナースは全国の看護師求人案件を取り扱っています。