マイページ

胃ろう(PEG)

胃ろう(PEG)処置の概要

胃ろう(PEG)は、実際には口から栄養を摂ることが出来ない人の胃に穴をあけて栄養摂取のための口を作る手術のことです。
しかしながら、開けられた胃、場合によっては腸の口に器具を使い栄養を与えることも胃ろう(PEG)と呼ぶことがあります。
介護施設や、在宅看護などのお仕事をするにあたり避けられない看護処置です。
病気や怪我で弱った口から食事を撮り続けると、食物をきちんと噛み砕く事ができず、誤嚥性肺炎の可能性になってしまう危険性があり、それをきっかけに死に至ることも少なくありません。そのような要因を減らすうえでも胃ろうは、重要な処置になります。

胃ろう(PEG)の一般的な手順

1.プラスチックでできたイルリガートルに栄養剤を必要な分量補給します。

2.対象者の体を起こし、背もたれなどを敷き身体を安定させ姿勢を整えます。

3.挿入口の皮膚に発疹や水ぶくれなど、なんらか異常がないか確認します。

4.注射で適温のぬるま湯を注入して、つまりがないか確認します。

5.イルリガートルを胃ろうの管に設置して、口をゆるめ1時間~2時間程度時間をかけて少しずつゆっくりと流し込みます。

6.処置が終了したらイルリガートルを取り外し、注射器などで微温のぬるま湯を流します。

【東京都】人気の美容クリニックの求人特集です!

【東京都】訪問看護の求人特集です!

【千葉県】病院・医療機関の求人特集です!

【東京都】憧れの大学病院の求人を集めました!

【東京都】おすすめの企業看護師求人を集めました!

【プライベート看護】スーパーナースが提供する「自費の訪問看護」という働き方に関する特集です!

【看護師の方向け】OSAKA求職者支援コンソーシアム特集!大阪府ではコロナ禍における民間事業者と共同し求職者が早期就職と職場定着を目的とした支援を行っています。

お気軽にお問合せください!

スーパーナースは全国の看護師求人案件を取り扱っています。