マイページ

食事介助

食事介助のワンポイントアドバイス

食事をするにあたりまず考えないといけないことがあります。それは清潔を保つことです。これは、食事介助の時だけでなく
一般の方が食事をする時にも手を洗い清潔を保つことは、当たり前のことではないでしょうか。
食事介助が必要な方の中には日常生活で介護が必要な方も多くいらっしゃいます。
それらを踏まえ、食事の前に排せつを済ませておくことが必要です。
また、上手に口の中で噛み飲み込むことも困難であるため、エプロンやよだれかけなど事前の準備も心がけた方が良いでしょう。
いろいろなことを想定して事前準備として、食事をする環境を整えましょう。

食事介助の手順

1.排せつと清潔
先ほども述べましたが、先に排せつを終えます。その後、手洗い、消毒をする。なんらかの症状で手洗いが出来ない方の場合は、おしぼりで綺麗に拭きます。
テーブル周りもきれいに拭き取ります。

2.意識の確認
食事の意志があるのか、体調は問題ないのか確認をします。検査などの結果により食事が中止になっているケースもあるので注意しましょう。

3.食事の説明
本日の献立の説明をすることで、食事に対して前向きになります。

4.エプロン等の着用
食べ物がこぼれてしまっても大丈夫なように準備をしておきます。

5.水分を摂る
食事の前に水分でお口の中やのどを潤すことで食の通りがよくなります。

6.水分と交互に食を摂る
出来るだけ食べやすいように少量口元に運ぶ。適宜水分を補給することも忘れずに。

7.食事後の歯磨き
食事後の食べかすが誤嚥性肺炎などの原因にもなりかねませんので、食後の歯磨きは丁寧に。

8.後始末
食べる前の状態に戻します。食べ残し等がこぼれていないかチェックしましょう。

【プライベート看護】スーパーナースが提供する「自費の訪問看護」という働き方に関する特集です!

【看護師の方向け】OSAKA求職者支援コンソーシアム特集!大阪府ではコロナ禍における民間事業者と共同し求職者が早期就職と職場定着を目的とした支援を行っています。

【採用担当の方向け】<新型コロナウィルス>ワクチン接種に関するお仕事情報

【看護師の方向け】<新型コロナウィルス>ワクチン接種に関するお仕事情報

お気軽にお問合せください!

スーパーナースは全国の看護師求人案件を取り扱っています。