マイページ

視能訓練士の特徴

視能訓練士になるには?

視能訓練士になるには、高等学校を卒業後に視能訓練士になるにはに入学して、一定の学科を修得するのが一般的です。
その他では、短期大学や大学を卒業、または看護師や保健士の資格取得を目的とした学校で指定科目を終了したのちに、視能訓練士養成施設で一定期間学び、
国家試験を受験することもできます。

視能訓練士の特徴

眼科診療には様々な視力検査があります。一般的には、視力低下や老眼などメガネやコンタクトレンズで解決できるものがありますが、その他、様々な障害など多枝にわたります。視能訓練士は、弱視の方への訓練や指導であったり、視力低下を未然に防ぐための、施設や病院等で集団検診視機能スクリーニングを行い、可能性のある方への予防の提案や指導を行うこともあります。生活する中で、とても重要な働きをつかさどる視力に関わることができる、重要な仕事であり、資格なのではないでしょうか。

【プライベート看護】スーパーナースが提供する「自費の訪問看護」という働き方に関する特集です!

【看護師の方向け】OSAKA求職者支援コンソーシアム特集!大阪府ではコロナ禍における民間事業者と共同し求職者が早期就職と職場定着を目的とした支援を行っています。

【採用担当の方向け】<新型コロナウィルス>ワクチン接種に関するお仕事情報

【看護師の方向け】<新型コロナウィルス>ワクチン接種に関するお仕事情報

お気軽にお問合せください!

スーパーナースは全国の看護師求人案件を取り扱っています。