マイページ

消化器内視鏡技師の特徴

消化器内視鏡技師になるには?

消化器内視鏡技師になるには、正看護師や准看護師など指定された国家資格を所持した者で、内視鏡等である一定期間の実務経験が必要となります。
それぞれ前提として特定の内視鏡学会の会員であり、学会に参加し、試験に合格する必要があります。学会の出席についてはある一定回数以上出席したと証明できる証明書のコピーの提出が必要です。

消化器内視鏡技師の特徴

内視鏡を使っての診療は看護師であれば、経験することがほとんどです。そのような状況の中、内視鏡に関して不安を持つ看護師も少なくないでしょう。
消化器内視鏡技師は、消化器関連の医学的な基礎知識と内視鏡の専門知識と技術を有し、積極的に消化器内視鏡業務に従事し、専門的な知識や技術を学会等で学ぶことができ、内視鏡を使っての現場で、自信を持って取り組むことができます。

【プライベート看護】スーパーナースが提供する「自費の訪問看護」という働き方に関する特集です!

【看護師の方向け】OSAKA求職者支援コンソーシアム特集!大阪府ではコロナ禍における民間事業者と共同し求職者が早期就職と職場定着を目的とした支援を行っています。

【採用担当の方向け】<新型コロナウィルス>ワクチン接種に関するお仕事情報

【看護師の方向け】<新型コロナウィルス>ワクチン接種に関するお仕事情報

お気軽にお問合せください!

スーパーナースは全国の看護師求人案件を取り扱っています。