マイページ

診療情報管理士の特徴

診療情報管理士になるには?

診療情報管理士になるには、短期大学または専門学校卒以の資格を有した者、もしくは、医師や看護師(准看護師を除く)薬剤師が対象となります。
基本的には、通信教育などで得的の教育カリキュラムを履修して試験を受験し合格する必要があります。カリキュラムの内容は、医療概論、臨床学総論、人体構造などの基本的分野から、医療管理総論、医療情報学、分類法など専門的なものまで多枝に渡ります。

診療情報管理士の概要

診療情報管理士は、平成8年に名称を変更しています。通信教育の入講社は約4万人で認定者は2万5千人にのぼり年々増加の傾向にあり。高齢化社会を迎え医療の充実が叫ばれる昨今ますます必要性の高まる資格であり、転職や就職についてもなんらかのチカラになる可能性が高いと考えられます。
また、インターネットを介した情報や、さまざまな医療情報の蓄積により、何事においても情報過多になりがちな状況の中で、これからの医療情報を整理し、充実させて分析し提供するといった意味合いでも日々重要性をます分野であるといえるでしょう。

【東京都】人気の美容クリニックの求人特集です!

【東京都】訪問看護の求人特集です!

【千葉県】病院・医療機関の求人特集です!

【東京都】憧れの大学病院の求人を集めました!

【東京都】おすすめの企業看護師求人を集めました!

【プライベート看護】スーパーナースが提供する「自費の訪問看護」という働き方に関する特集です!

【看護師の方向け】OSAKA求職者支援コンソーシアム特集!大阪府ではコロナ禍における民間事業者と共同し求職者が早期就職と職場定着を目的とした支援を行っています。

お気軽にお問合せください!

スーパーナースは全国の看護師求人案件を取り扱っています。