マイページ

看護師が海外で働くメリット5選《前編》

稼げる!働きやすい!休みやすい!海外で働くと日本とどんな違いがある?体験談とともに解説

「グローバルに活躍したい!」「海外で生活したい!」「視野を広げたい!」という志で海外で働きたいと考える看護師は、これまでもいました。

しかし、最近では円安の影響で海外で働くことへの関心がさらに上昇中です。

  • 「今までは他人事だったけれど、海外で看護師として働くこともありなのでは?」
  • 「もしかしたら海外で働くほうがたくさん稼げて、理想的な働き方ができるのでは?」
  • 「そろそろ本気で、海外で働くことを検討しはじめようかな」

と、ちらっと考えたことがある人も少なくないのでは。

今回は、実際にオーストラリアで看護師として働いていた看護師さんに話を聞いて、海外で看護師として働くことのメリット5つをまとめました。

少しでも海外で働くことが気になっている方は、是非参考にしてみてくださいね。

目次

→続く後編では、メリット4~6を紹介!職場の人員配置、役割分担、年休の多さなどの働きやすさについて解説します。

オーストラリアで看護師として働いていたMさん(30代後半)
Profile
日本の専門学校を卒業後、公立系の病院で5年勤務。
在職中、オーストラリアで看護師資格を取りたいと考える。
公立系病院を退職後、オーストラリアの語学学校に入学。1年間英語を集中的に勉強し、IELTS(世界的にメジャーな語学判定試験)のスコアを上げる。
その後、一時日本帰国し派遣ナースとして働いてお金を貯めて、再度渡豪。オーストラリアの看護系の大学に入学し、オーストラリアで看護師免許(2年間)を取得した。免許取得時は35歳。
オーストラリアの公立系の病院で約3年勤務。
現在は、帰国して保育園看護師をしている。

メリット1◆給与が高い!

海外で働くことのメリットの1つめは、やはり給料が高いことです。

海外にもよりますが、アメリカ、カナダやMさんが働いたオーストラリアでは給料基準が異なることから高収入が叶います

「日本は円安で年収が総じて低い」ということももちろんあります。けれど、国によっては日本よりも看護師の社会的地位が高いことも一因です。

国内でもどの業界で働くかによって給料水準が大きく変わってきますが、どの国で働くかによっても収入の差が大きく開くのです。

年収が約1.5倍、時給は約2倍!

オーストラリアで正看護師(Registered Nurse)として働く場合、年収は80,000〜90,000オーストラリア・ドル程度。州によっても違いはありますが、おおよそこのぐらいの金額が給料としていただけます。

現在の1オーストラリア・ドル=約95円で計算して、日本円に換算すると760万円程度です。

日本の正看護師の平均年収は約508万。なので、約1.5倍という圧倒的な差があります。

ちなみに、アメリカやカナダでは、州や勤務先等により違うものの年収目安は約1,000万円。日本の約2倍です。アメリカはカリフォルニア州、ハワイ州ではさらに年収1500万円等の高収入を稼ぐことができると言われています。

時給で働く場合も正職員の場合と同様に、日本の約2倍程度になると言われています。

通帳を見て思わずにんまりしちゃいそうですよね。

ホリデーには+αのお給料上乗せ♪

さらに、オーストラリアでは土日やクリスマスなどの祝日はHoliday payといい、普段のお給料にさらに上乗せがあるそう。

日本では、そもそもお休みを取るたびに肩身の狭い思いをしがち。休み明けには、お詫びのお菓子を持っていくなど身銭を切って気を遣う文化がありますよね。ホリデーを満喫できるようお金がもらえるなんてうらやましい限り。

【体験談】「お給料は日本の倍以上」

オーストラリアで看護師として働いていたMさん(30代後半)
感覚的に、オーストラリアで看護師をしていた時は日本の倍以上もらっていたと思います。

正看護師のお給料がいいのはもちろんですが、アシスタントナースとして働いている方も時給にして27,28ドルもらっている人が多かったですよ。圧倒的にお給料はオーストラリアの方が高かったですね。

今の日本のお給料と比べると、正直な話ちょっと悲しくなります。

メリット2◆ワークライフバランスがPerfect!

看護師が海外で働くメリット2つめは、日本にいるときよりもライフワークバランスが良くなりやすいこと。

日本では、残業をするのが当たり前、休みを惜しんで働く人こそが頑張っている人という風潮がまだまだ根強く残っています。

けれど、海外では「無給労働はしない」「しっかり長期休暇を取る」など自分の権利を堂々と主張する人が多いです。そのため、制度としても整っているのでライフワークバランスが整いやすいのです。

勤務交代のシフトが完璧

オーストラリアの病院では、シフトの組み方が日本と異なります。何が違うのかというと、勤務交代の時間は次の勤務者との勤務が1時間重なるようになっているそう。これが当たり前というのだから良いですよね。

日本の病院で働いている皆さんは、勤務交替の時間はどんな様子でですか?申し送りやなんやかんやでじわじわとサービス残業をしているのでは?また、次の勤務者は勤務時間の30分前には職場にいて情報収集に準備に……と無給で働いている人もいるのではないでしょうか。

1時間重なるようにシフトが組まれているって、とっても理想的ですよね。

残業しない!休みを取りやすい!

また、オーストラリアのカルチャーとして、「仕事は仕事」としっかりオン・オフを分けている人が多いそう。

そのため、基本的に残業をしないという風潮も根付いているのです。

さらに、休みの取りやすさにも違いがあります。日本ではよっぽどの事情がない限り、当日のスタッフに迷惑がかかるので休みたくても休めないのが現状ですよね。「気を遣う」「休めない」というストレスから無理をしがち。

けれど、オーストラリアでは病院と看護師の間にエージェントが入って、欠勤者の代わりをすぐに探してくれるシステムがあるそうです。休みを取りやすくする仕組みが作られているので、申請もしやすいのです。

ちなみに、日本の職場ではよく行われる飲み会もほとんどないとのこと。

はっきりとオン・オフを分けて働けるのは、どうしても疲れやストレスがたまりやすい看護師にとって助かる環境ですね。

【体験談】「当日の寝不足、生理痛でも休みやすい!」

オーストラリアで看護師として働いていたMさん(30代後半)
オーストラリアでは日本の「サービス残業」なんて言葉はあり得なかったです。

勤務交替時は1時間勤務をかぶせているので、日勤から準夜の場合16:00から17:00までの間は勤務者が通常の倍いるということになります。だから、落ち着いて申し送りをしたり、日勤の終わっていない仕事を準夜勤の人が引き継いだりしていました。

仕事は仕事、時間内に終わらせるという文化なのでオン・オフの切り替えが楽でした。

また有休とは別に病気休暇というものもあり、具合が悪いから休むことも気兼ねなくできました。当日でも休みを希望することを連絡すると、病院の間にエージェントが入っていて欠勤者の代理で勤務してくれる人をすぐに探してくれるシステムもあったんです。なので生理痛がひどくて……とか寝不足だからお休みする……なんてことも当たり前にできていたんですよ。

文化が違うと、ここまでも働きやすさが変わってくるのですね。海外に移住して働くのはハードルが高いということは否めませんが、メリットがたくさん。とても魅力的ですよね。

→続いて、メリット4~6は「コチラの記事」へ。

お気軽にお問合せください!

スーパーナースは全国の看護師求人案件を取り扱っています。

無料サポートはこちらから

無料サポートに申し込む

7/19更新【全国】活躍の場は日本全国?!バックアップナースの看護師求人を集めました!

7/19更新【全国】見られている求人TOP10を掲載中!見られているのには理由がある?!

7/19更新【全国】応募求人TOP10を掲載中!応募のチャンスをお見逃しなく!

7/10更新【西日本+】各支店がこの夏オススメする派遣の求人を集めました!

7/3更新【全国】通勤しやすい駅近の求人特集です。

7/3更新【全国】健診の求人特集です。

7/2更新【関西エリア】夜勤専従の求人特集です!

7/2更新【関西エリア】クリニックの求人特集です!

7/2更新【関西エリア】病院派遣の求人特集です!

2024夏お仕事応援キャンペーン! 新規会員登録いただいた方に5000円分のクーポンをプレゼント!

6/7更新【東京都】順天堂医院の求人特集です。ブランクがある方もスキルを高めたい方にもオススメです★

6/5更新【京都】オススメ病院求人特集!

4/4更新【東京都】2024年6月以降の開始枠で募集中!/港区の寮も完備! 都内で看護師として活躍できるチャンスです♪

3/25更新【東京エリア】日勤常勤クリニックの求人特集です!

3/25更新【東京都】訪問看護の求人特集です!

3/25更新【東京都】おすすめの企業看護師求人を集めました!

3/14更新【全国】派遣×転職!紹介予定派遣の求人を集めました。

3/14更新【東京23区】夜勤専従の求人特集です!

11/2更新【兵庫】通勤◎働きやさ◎神戸の求人特集です!

離島ならではの医療が学べる。隠岐の病院求人特集

東京コーディネーターおすすめの外来求人5選! 口コミや特徴など掲載しています!

【ナースサポート】看護師さんのための新しい転職支援サービスです!

【バックアップナース】って何?!にお答えするスーパーナースが展開する「バックアップナース」というサービスについての特集です!

【プライベート看護】スーパーナースが提供する「自費の訪問看護」という働き方に関する特集です!

お気軽にお問合せください!

スーパーナースは全国の看護師求人案件を取り扱っています。