マイページ

看護師が【東京】で働く4大デメリットと対策《後編》

「物価が高い!」「東京になじめない!」看護師が東京で働く時の悩み&デメリットと対策

東京で働く看護師が抱える代表的なお悩み&デメリットと、その解決策を紹介します。

前編では、「職場が忙しすぎる!」「人が多すぎてストレス!通勤の満員電車がヤバい」という2つの大きなデメリットと、その対策を解説しました。

後編のこの記事では、「家賃や物価が高い!誘惑が多くて出費がかさむ!」という金銭面について。給料は高いけれど、その分出ていく金額が大きくて苦労するのも、東京ならではのデメリットです。

また、「孤独!東京は冷たい、なじめない」という精神面のツラさもあります。人が多いのに冷たさを感じてしまうことは、都会に上京してきたら特に感じやすいことです。

看護師の皆さんの経験談とともに、対策も解説! 東京で働いていてお悩みがある看護師も、これから上京を考えている看護師も、ぜひ参考にしてみてください。

目次

デメリット3◆出費がかさむ!

看護師が東京で働くデメリットの3つめは、金銭面です。

お給料は高い傾向にありますが、その分お金がかかって手元に残らない……なんていうことになりやすいのです。

家賃・物価が高く、誘惑も多い

東京は家賃が高いです。セキュリティ面や通勤の便などを考慮して選ぶと、それなりの金額になってしまいます。

さらに、2年ごとに「更新費」として家賃1カ月分+α(管理費など)別途請求されるのは、首都圏のローカルルール。

たとえば一人暮らしの女性が安全面や通勤面も考慮して選ぶ部屋だと、更新費の目安は10万~20万円程。家賃とは別に、2年ごとにこれだけの額が飛ぶのはなかなかの衝撃です。

また、東京は地方に比べて物価が高い傾向にあります。

ちょっと休憩するために立ち寄ったカフェで1000円超え。夕食を手抜きしようとデパ地下でお惣菜とデザートをちょっと買ったら3000円超えなど。ちょこちょこした出費が積もると、かなりの額になりがち。

さらに、東京には注目のスポットや人気ファッションブランド店、美容のお店が多く、誘惑も多いです。東京に住んでいるとすぐに行けてしまうので、休日ごとに出掛けてしまうなんていうことも。

このように、普通に生活しているだけのつもりが気がつけばどんどんお金がなくなっていくのも東京ならでは……なのです。

【経験談】「高給料だけど、それ以上に出費がかさみがち」

Tさん 40代前半 クリニック勤務
お給料も地元に比べると高いのですが、それ以上に出費が多いように感じてしまいます。

圧倒的に高いのは家賃。そしてスーパーで買う野菜などの食材も高い

節約して貯金しなくてはと思いながらも都会は誘惑が多く、おしゃれなカフェや新しい商業施設ができるとすぐに行きたくなるので浪費しがちです。

対策①家賃補助

東京で出費をセーブするには、金額が大きい家賃を対策することがもっとも有効です。

そのため、家賃補助のある職場を探してみると良いでしょう。

また、シェアハウスに住むなど、家賃が安くなるように工夫している看護師もいますよ。

※登録完了後マイページにて非公開求人が見られます。

対策②メリハリをつけて節約

出費を抑えるには、メリハリをつけて節約できるところは節約するのがポイントです。

なかでも、毎月必ずかかっている固定費は見直す価値が大。携帯電話は格安SIMにしたり、使っていないサブスクを解約したりしましょう。

また、食費も出費を抑えやすい部分です。

毎日コンビニで軽食やデザートを買うことをやめるだけで、塵も積もれば山となる。毎月の食費にかなりの差が出ます。さらに、自炊をすると健康的にもなれて一石二鳥です。

対策③流されない

人は、意識していないとつい流されがちです。

  • 「決まった美容院に通っているけれど、別段気に入っていない。でも、浮気するのが申し訳なくて、言われるがまま2ヶ月に1回カラーとカットしている……」
  • 「誘われたから、あんまり楽しくないいつもの飲み会に行く」

こういった、気乗りしていないのに相手に合わせて出費していることはありませんか?

流されてお金を使うことをやめましょう。自分自身が「私はこれが必要!これをやりたい!」と思う、意義があることにお金を使うようにしましょう。

意識せず、欲望のまま、流されるままでいると貯金ゼロ・足りないなんていう事態になりかねません。
考えてお金を使うようにしましょう。

そのほか、看護師たちが実際にやっている節約術・お金の貯め方を紹介したコチラの記事も参考に!

派遣看護師の節約術・貯金を増やす方法4選

デメリット4◆孤独(涙)

看護師が東京で働くデメリットの4つめは、孤独を感じるということ。

東京は人が多いとはいえ、「隣人の顔を見たことがない」「職場には一度も話したことがない人が多くいる」などクールな人間関係が多いです。

また、上京してきた看護師は、なじみのある家族や地元の友達になかなか会えなくなります。そのため、孤立しているように感じやすいのです。

家族、地元の友達に会えない

やっぱり家族や、気心知れている昔からの友人と過ごすとホッと安心しますよね。けれど、上京した看護師は家族や地元の友達になかなか会えないので孤独を感じやすいです。

しかも、寝込んだ時や落ち込んだ時は頼れる人がいないことで一層孤独を感じ、不安になりやすいです。逆に、家族に何かあったときにすぐに駆けつけてあげられないもどかしさもあります。

忙しく働く日々、親しい人たちが近くにいないことは精神的に堪えますよね。

東京になじめない

特に、上京したては職場の人としか会話しないということもありますよね。

忙しい職場では余裕がないため、人との関わりが浅く、「職場の人が冷たい。そっけない」と感じることも。

そして、クールな人間関係に孤独さが増していき、環境になじめないと落ち込んでしまいやすいです。

【経験談】「仕事で落ち込んだ時、ホームシックに……」

Aさん 20代後半 総合病院 小児科病棟勤務
好きで都心に出てきているのでしょうがないんですが。やっぱり、一人暮らししていると家族に会いたくなったり、地元の友達が集まっているのを聞いて寂しくなったりすることがあります。特に、地元の友人は結婚が早いので少し置いていかれたような気持ちになることも。

今のところは親も元気なので、地元に戻るつもりはないんです。とはいっても、仕事で落ち込んだ時やクリスマスなどは、ちょっとしたホームシックみたいになることがありますね。

対策①顔見知り・知り合いを作る

孤独や不安を抱えることは、社会人ならある意味仕方ないことかもしれません。けれど、何かトラブルが起きた時にショックが大きかったり、精神的に不安定になりやすい側面もあります。なので、できることで孤独感や不安を和らげられるよう対策しましょう。

読書や料理など、家の中で好きなことをする時間も大切。けれど、孤独感や寂しさはそれだけでは埋めづらいです。

とはいえ、大人になってから友達を作るというのも、なかなか難しいもの。

なので、友達を作ることまでは期待せず、まずは顔見知りの人や、知り合いを作ろうとするのがオススメです。

【例】顔見知り・知り合いができる機会
  • BLS(一次救命処置)等の講習に出て、別の職場の看護師の知り合いになる
  • 職場の懇親会に参加する
  • 定期的に行くようになった歯科、美容サロン、花屋、お店などでちょっとした会話をする

このように、日常での出会いを大切に、無理のない範囲で交友関係を広げていきましょう。

対策②コミュニケーションスキル

孤独を感じる時は、内省して成長するチャンスでもあります。この機会に、コミュニケーション能力を磨きましょう

看護師は、この先どんな職場に行ったとしても、何より「コミュニケーション能力」がある人は現場で役立ち、重宝される傾向にあります。

コミュニケーションのコツ
  • 感じの良い表情で、こまめに挨拶をする
  • 分からないことは、自分から聞く

この2つを行うだけでも、コミュニケーションがスムーズになっていきます。職場の雰囲気や人間関係が良くなれば、孤独感が薄れますよ。

コチラの記事も参考に!

派遣看護師の「挨拶」失敗談・成功談

 

派遣看護師「報・連・相」のタイミングとコツ

対策③新しい事をはじめてみる

孤独や寂しさを感じるときは、何か新しい事をはじめてみるのもオススメの方法。

  • ピラティス、ゴルフ、ヨガ、ダンスなどを習う
  • 都内にある行ってみたかったお店に行ってみる
  • YouTubeチャンネルを開設する
  • 東京で開催のオフ会に参加する
  • 骨格診断×パーソナルカラー診断に行く
  • 資格取得のためスクールに通う

このような、やってみたかった事に挑戦したり、体験してみたりしてみてはいかがでしょうか。

首都圏ならではの、注目スポットや人気店がたくさんあります。せっかく都心に来ているのだから東京を楽しみましょう。充実して心が満たされれば、次第に寂しさも遠のいていきますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
東京で働く看護師のデメリット4つと、その対策を解説しました。
 

デメリット1

職場が人手不足で、多忙になりやすい。

【対策】:人材紹介会社に相談をして、なるべく自分の希望とする環境の職場を探す。
正職員にこだわらずに派遣として働くことも視野に入れる。

デメリット2

とにかく人が多くてストレスフル。

【対策】:満員電車の通勤から逃れるべく、就業するときは職場と自宅の通勤ルートを検討する。

デメリット3

家賃や物価が高いので出費がかさむ。

【対策】:家賃補助のある職場を探したり、固定費等の節約をする。

デメリット4

東京で孤独を感じてしまう。

【対策】:知り合いや顔見知りを増やしたり、新しいことにチャレンジしたり、この機会にコミュニケーション能力を育む。

 
以上が、看護師が東京で働く際のデメリットと対策でした。

東京で働くことで得られるメリットはたくさんありますが、一方でデメリットも存在します。デメリットについても目をつぶらず知っておくことが大切です。

この記事が、上京を考えている看護師や、東京で悩みを抱えている看護師の参考になれば幸いです!

スーパーナースは看護師に特化した人材紹介派遣会社です。

これまで多数の看護師さんと取引先とのマッチングの実績があり、看護師に特化している会社だからこそのマッチング率、リピート率の高さ、案件数全国展開、といった様々な強みがあります。

お仕事探しや転職に関心がある方は、ぜひ一度、スーパーナースへご相談ください。

お気軽にお問合せください!

スーパーナースは全国の看護師求人案件を取り扱っています。

無料サポートはこちらから

無料サポートに申し込む

6/13更新【全国】見られている求人TOP10を掲載中!見られているのには理由がある?!

6/13更新【全国】応募求人TOP10を掲載中!応募のチャンスをお見逃しなく!

6/7更新【東京都】順天堂医院の求人特集です。ブランクがある方もスキルを高めたい方にもオススメです★

6/7更新【西日本版】各支店がこの夏オススメする派遣の求人を集めました!

6/5更新【京都】オススメ病院求人特集!

6/4更新【全国】通勤しやすい駅近の求人特集です。

6/4更新【全国】寮付きで勤務可能なバックアップナースの求人特集です!

5/24更新【関西エリア】夜勤専従の求人特集です!

5/24更新【関西エリア】クリニックの求人特集です!

5/24更新【関西エリア】病院派遣の求人特集です!

4/4更新【東京都】2024年6月以降の開始枠で募集中!/港区の寮も完備! 都内で看護師として活躍できるチャンスです♪

3/25更新【東京エリア】日勤常勤クリニックの求人特集です!

3/25更新【東京都】訪問看護の求人特集です!

3/25更新【東京都】おすすめの企業看護師求人を集めました!

3/14更新【全国】派遣×転職!紹介予定派遣の求人を集めました。

3/14更新【東京23区】夜勤専従の求人特集です!

11/2更新【兵庫】通勤◎働きやさ◎神戸の求人特集です!

離島ならではの医療が学べる。隠岐の病院求人特集

東京コーディネーターおすすめの外来求人5選! 口コミや特徴など掲載しています!

【ナースサポート】看護師さんのための新しい転職支援サービスです!

【バックアップナース】って何?!にお答えするスーパーナースが展開する「バックアップナース」というサービスについての特集です!

【プライベート看護】スーパーナースが提供する「自費の訪問看護」という働き方に関する特集です!

お気軽にお問合せください!

スーパーナースは全国の看護師求人案件を取り扱っています。